猛炎星(もうえんせい)−テンレイ/Brotherhood of the Fire Fist - Caribou》

効果モンスター
星4/炎属性/獣戦士族/攻1100/守2000
このカードがカードの効果によって破壊され
墓地へ送られたターンのエンドフェイズ時、
デッキから「猛炎星−テンレイ」以外の
「炎星」と名のついたレベル4モンスター1体を特殊召喚できる。
このカードが「炎星」と名のついた
シンクロモンスターのシンクロ召喚に使用され墓地へ送られた場合、
デッキから「炎舞」と名のついた魔法カード1枚を選んで
自分フィールド上にセットできる。

 JUDGMENT OF THE LIGHTで登場した炎属性獣戦士族下級モンスター
 効果破壊されたエンドフェイズ炎星リクルートする誘発効果と、シンクロ素材になった時に炎舞デッキからセットする誘発効果を持つ。

 カードの効果破壊され墓地へ送られた場合のリクルートエンドフェイズと遅い。
 しかし、守備力が高いためとしてセットしておけば効果除去されやすくなり、リクルートしたモンスターを安全に自分ターンに持ち越せる。
 相手除去を待たずとも、《炎王炎環》等で能動的に発動条件を満たせる。

 炎星シンクロ素材になった場合に炎舞セットする効果発動制限もなく、蘇生させて再利用することもできる。
 現在炎星シンクロモンスターレベルは6と8の2種類であり、炎星チューナーレベル3と4の2種類。
 レベル8の《こう炎星−リシュンキ》《孤炎星−ロシシン》とでシンクロ召喚できるので、《炎舞−「天枢」》《炎王の急襲》等のサポートを駆使すると良い。
 レベル6の《炎星侯−ホウシン》の場合、組み合わせられるチューナー炎星には存在しないため、こちらは《レッド・リゾネーター》を使いたい。
 《炎星侯−ホウシン》効果《立炎星−トウケイ》《速炎星−タイヒョウ》リクルートできれば、このカードと併せてアドバンテージを稼ぐことができる。

 いずれの効果墓地へ送られた場合に発動するため、《炎王の急襲》特殊召喚しても無効化の制約をすり抜けられる。
 1つ目の効果《炎王の急襲》特殊召喚する事で能動的に発動条件を満たすことができるので、相性は良好である。

  • モデルは『水滸伝』の登場人物である、「天猛星」の生まれ変わりの「秦明」だろう。
    「狼牙棒」と呼ばれる武器を得意とする人物であり、イラストでも狼牙棒を所持している。
    また、カード名は英語でトナカイを意味する「レインディア(reindeer)」と掛けたものと思われる。

関連カード

―《猛炎星−テンレイ》の姿が見られるカード

レベル4の炎星と名のついたモンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:破壊され墓地へ送られたターンエンドフェイズ時にその墓地へ送られたこのカード墓地に存在しない場合、効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(13/04/27)


Tag: 《猛炎星−テンレイ》 効果モンスター モンスター 星4 炎属性 獣戦士族 攻1100 守2000 炎星

広告