紋章獣(もんしょうじゅう)アバコーンウェイ/Heraldic Beast Aberconway》

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1800/守 900
このカードが墓地に存在する場合、
このカード以外の自分の墓地の「紋章獣アバコーンウェイ」1体を
ゲームから除外して発動できる。
自分の墓地の「紋章獣」と名のついたモンスター1体を選択して手札に加える。
「紋章獣アバコーンウェイ」の効果は1ターンに1度しか使用できない。

 ABYSS RISINGで登場した風属性ドラゴン族下級モンスター
 墓地同名カード除外することで紋章獣1体をサルベージする墓地発動起動効果を持つ。

 テキストが若干言葉足らずだが、補足して書くと「墓地にこのカードが2体以上存在する場合、その内の1体(効果発動していないもの)を除外する事で紋章獣1体をサルベージする」効果となる。
 一応、効果発動した自身もサルベージできるが、やはり《紋章獣レオ》《紋章獣アンフィスバエナ》サルベージしたい。

 《おろかな埋葬》《No.18 紋章祖プレイン・コート》などにより、デッキから直接墓地へ送る事ができるが、基本的には《紋章獣レオ》が優先される。
 しかし、《紋章獣レオ》効果同名カードサーチできず、1ターンに1度の制限もあるため、サーチ先及び発動済みの場合の選択肢として重要になる。
 いずれにしても発動条件を満たすには時間が掛かるので、無理に発動しようとせず長期的な運用を視野に入れたほうが扱いやすい。

 紋章獣の中では《紋章獣レオ》に次ぐ攻撃力を持つため、戦闘でもそこそこ活躍できる。
 エクシーズモンスターなどの突破となると《紋章獣バシリスク》《紋章獣アンフィスバエナ》に軍配があがるが、エクシーズ召喚前の露払いやダメージ稼ぎになる。
 ただし、《次元幽閉》《奈落の落とし穴》などの除外に掛かると効果を発揮できない点には注意したい。

  • カード名の由来は20世紀初頭に誕生した「アバコンウェイ卿」を当主とする一門だろうか。
    ただし、この一族の紋章にドラゴンの意匠は見られない。
    また、英語名のAberconwayはウェールズ語でAberは河、conwayはウェールズ地方の街の名前で直訳するとコンウェイの河となる。
    このことから、ウェールズの国旗に描かれている赤い竜がイラストのモチーフかもしれない。
  • アニメでは手札に加えられるのは自身のみで、回数制限が無かった。

関連カード

―《紋章獣アバコーンウェイ》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《紋章獣アバコーンウェイ》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 ドラゴン族 攻1800 守900 紋章獣

広告