紋章獣(もんしょうじゅう)アンフィスバエナ/Heraldic Beast Amphisbaena》

効果モンスター
星4/風属性/ドラゴン族/攻1700/守1100
自分のメインフェイズ時、手札からこのカード以外の
「紋章獣」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
また、1ターンに1度、手札から
「紋章獣」と名のついたモンスター1体を捨てて発動できる。
このカードの攻撃力はエンドフェイズ時まで800ポイントアップする。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 LEGACY OF THE VALIANTで登場した風属性ドラゴン族下級モンスター
 自身を特殊召喚する起動効果と、自己強化する起動効果を持つ。

 【紋章獣】《紋章獣レオ》等によって手札が増えやすい一方で、他のカードの力を借りない展開を苦手としているため、手札腐りやすい。
 そのため、溜まった手札を利用して自身の特殊召喚を行える効果は、見た目以上に有用となる。
 さらに、紋章獣モンスター墓地で真価を発揮するものが多いため、次の展開に繋げやすくなる。
 特に、初手に来ても腐りやすかった《蘇生紋章》の条件を即座に満たしエクシーズ召喚ができるなど、安定性を大きく上げることができる。
 《紋章獣レオ》とは、コストにしてもあちらの効果が使え、あちらのサーチでこちらの条件が整えやすく、相性が良い。

 2つ目の自己強化効果も、上級モンスタークラスを単独で突破できるため、他のモンスターを展開できない状況の打開に役立つ。
 また、こちらも1つ目の効果同様に墓地利用に繋ぐことができ、それぞれの効果を連続で使用できれば、通常召喚を残したまま《高等紋章術》等の条件を満たし大きく展開できる。

  • 「アンフィスバエナ」とは、ローマやエチオピアの博物誌関連の書物等に登場する伝説の生物である。
    名称はギリシア語で「両方」を意味する「アンフィス」と、「行く」を意味する「バイネイン」に由来する。
    身体の両端に頭のついている双頭の竜の姿をしている。
    なお、ヨーロッパで紋章として描かれる場合、2本の前足と後ろ足、背中には蝙蝠のような翼を生やした姿であることが多い。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《紋章獣アンフィスバエナ》 効果モンスター モンスター 星4 風属性 ドラゴン族 攻1700 守1100 紋章獣

広告