野獣戦士(やじゅうせんし)ピューマン/Beast-Warrior Puma》

効果モンスター
星4/光属性/獣戦士族/攻1600/守1000
このカードをリリースして発動できる。
自分のデッキ・墓地から「異次元エスパー・スター・ロビン」1体を手札に加える。

 DUEL TERMINAL −破滅の邪龍 ウロボロス!!−で登場した光属性獣戦士族下級モンスター
 自身をリリースし、デッキ墓地から《異次元エスパー・スター・ロビン》サーチサルベージする起動効果を持つ。

 《異次元エスパー・スター・ロビン》最上級モンスターだが自己再生できるため、手札加えるよりは直接墓地へ送りたい。
 しかし、現状《おろかな埋葬》《曙光の騎士》程度しか手段がなく、前者は制限カード、後者も発動条件からワンテンポ遅れやすい。

 そのため手札コストに充てる、《ズババジェネラル》装備カードにする等でサーチする意義を見出したい。
 後者は《カゲトカゲ》等と《召喚僧サモンプリースト》を組み合わせれば、このカードリクルートしつつエクシーズ素材を揃えられる。
 構築の幅を狭めてしまうが《ユーフォロイド・ファイター》《E・HERO ネオス・ナイト》融合素材にする事も可能である。

 自身は《炎舞−「天キ」》からサーチでき、《炎舞−「天枢」》《フォトン・リード》召喚権も確保しやすい。
 《フォトン・サンクチュアリ》を併用することで、《異次元エスパー・スター・ロビン》手札加えつつ、そのままアドバンス召喚できる。
 また、上述の通り《召喚僧サモンプリースト》からリクルートでき、変わった所では《ブラック・ガーデン》での蘇生に対応するステータスを持つ。
 しかしそれらを使用しない場合は召喚権を使うことになり、基本的にボード・アドバンテージも失いやすい。

  • 作中の特撮番組「異次元エスパー ロビン」ではロビンの師匠という設定であり、知略に富んだ剣の名手とされている。
    だが、師匠であるはずにもかかわらずロビンからは呼び捨てにされ、タメ口を使われていた。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではエスパー・ロビンが使用する。
    彼のデッキに入っている唯一の下級モンスターであるためか、他と異なり3積みされている。

関連カード

―《野獣戦士ピューマン》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:対象を取らない効果ですか?
A:はい、取りません。(12/01/27)


Tag: 《野獣戦士ピューマン》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 獣戦士族 攻1600 守1000

広告