約束(やくそく)() −アヴァロン−/Avalon》

通常罠
(1):「アルトリウス」モンスター及び「ランスロット」モンスター1体ずつを含む
自分の墓地の「聖騎士」モンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、フィールドのカードを全て破壊する。

 EXTRA PACK −KNIGHTS OF ORDER−で登場した通常罠
 指定のものを含むモンスター5体を除外全体除去を行う効果を持つ。

 フィールド手札の消費なく1枚で状況をリセットできるのは強力といえば強力である。
 しかし墓地モンスターの必要数は《貪欲な壺》と同じであり、さらに「アルトリウス」「ランスロット」両方が必要であるため条件はさらに厳しい。
 《円卓の聖騎士》などとも相性が致命的に悪い。

 使う場合、通常モンスター《聖騎士アルトリウス》《レスキューラビット》で展開して《魔聖騎士ランスロット》効果に利用するのがいいか。
 《聖騎士モルドレッド》リクルートも併用すると条件は整えやすい。

 除外してしまうため再利用には専用のカードが必要になり、妨害されやすい「破壊」である上に自分カードまで巻き込んでしまう。
 フィールドリセットとしては比較的少ない、スペルスピードが2である点に用途を見出したい。
 一応、《天命の聖剣》を併用すればこちらのモンスター破壊から守ることは可能。

  • 「アヴァロン(Avalon)」はイギリスの伝承に登場する島の名前であり、アーサー王の亡骸が眠る地であるとされる。
    日本語名には「約束の地」とまで付いている事から分かるように、アヴァロンは地名である。
    しかし、このカードフィールド魔法永続魔法でなく全体除去を行う通常罠となっており、モチーフからは連想しづらいものがある。
    だが、《円卓の聖騎士》墓地聖騎士の種類も参照する事から、アーサー王の王国と円卓の崩壊による物語の結末を、空のフィールドと大量の墓地聖騎士除外で表現したのだろう。
    このように考えれば、決してモチーフから外れた効果ではない事が分かる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:除外する処理と破壊する処理は同時に行われますか?
A:同時です。(14/09/13)

Q:対象として選択した5体のモンスターのうち、1体が墓地に存在しなくなった場合、処理はどうなりますか?
A:残りの4体のモンスター除外され、『フィールドのカードを全て破壊する』処理も通常通り適用されます。(14/09/13)


Tag: 《約束の地 −アヴァロン−》 通常罠

広告