妖怪(ようかい)のいたずら/Mischief of the Yokai》

通常罠
フィールド上に表側表示で存在する全てのモンスターのレベルを
エンドフェイズ時まで2つ下げる。
また、墓地に存在するこのカードをゲームから除外する事で、
フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、
そのレベルをエンドフェイズ時まで1つ下げる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンに発動する事はできない。

 ※エンドフェイズに適用終了となるカードに対するエラッタに伴い、テキスト内の「エンドフェイズ時」は「ターン終了時」と読み替えて使用する。

 EXTRA PACK Volume 4で登場した通常罠
 フィールド上と墓地で2度に渡り効果発動でき、前者はフィールド全体の、後者は対象としたモンスターレベルを下げる。

 通常罠なので相手ターン発動でき、シンクロ召喚エクシーズ召喚の妨害ができる。
 現環境シンクロ召喚エクシーズ召喚も行わないデッキはほとんど見られないので、どちらの用途にも使えず腐るということは稀。
 シンクロ素材が2体なら4レベル分、3体なら6レベル分も下がるので、かなり強烈な妨害になる。
 他のシンクロモンスターを選べるならまだしも、シンクロ召喚自体不可能となれば、ステータスの低いモンスターを無防備に晒す事にもなり得る。
 エクシーズ召喚に関してはランクの低いエクシーズモンスターが出される可能性はあるが、相手の狙いが狂う事には違いない。
 エクシーズ召喚は1つのランクに特化しているのが殆どなので、2つもレベルを下げれば十分な妨害になる。
 対象を取らないため、《神縛りの塚》による耐性を消すこともできる。

 墓地発動する第二の効果も、規模こそ小さくなっているが役割を果たすには十分である。
 エクシーズ召喚ならレベルを不揃いにできるのでむしろ効果が大きく、シンクロ召喚も思惑を崩す程度はできる。

 もちろん、これらは自分シンクロ召喚エクシーズ召喚レベル調整役としても活用できる。
 発動した時点でフィールド上に存在するモンスターにのみ影響を及ぼすので、後からモンスター召喚する事で、レベルの微調整が可能。
 それ以外にも、《レベル制限B地区》《グラヴィティ・バインド−超重力の網−》等のロックパーツを潜り抜ける手段としても使える。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:フィールド上にレベル2以上のモンスター表側表示で存在しない時に1つ目の効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(11/09/23)

Q:フィールド上にレベル2のモンスターのみが存在している時に1つ目の効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(13/03/27)

Q:2つ目の効果対象を取りますか?
A:取ります。(11/10/31)


Tag: 《妖怪のいたずら》 通常罠

広告