妖仙郷(ようせんきょう)眩暈風(めまいかぜ)/Dizzying Winds of Yosen Village》

永続罠
自分フィールドにレベル6以上の「妖仙獣」モンスターが存在する場合にこのカードを発動できる。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、
自分のPゾーンに「妖仙獣」カードが存在する限り、
フィールドにセットされたモンスター及び
「妖仙獣」モンスター以外のフィールドの表側表示モンスターが効果で手札に戻る場合、
手札に戻らず持ち主のデッキに戻る。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した永続罠
 妖仙獣以外のモンスターバウンスされる場合、そのバウンス先を手札からデッキに変更する効果を持つ。

 発動条件上級モンスター以上の妖仙獣効果適用条件に妖仙獣ペンデュラムモンスターを必要とする。
 発動さえしてしまえば、維持すること自体には上級妖仙獣は必要ないので、《妖仙獣 大幽谷響》相手ターン特殊召喚した時に合わせて発動しておくのも手である。
 また、たとえペンデュラムゾーンの条件を満たせなくなっても、自壊等はしないため、このカード自身が無事ならば再度条件を満たせば適用できる。
 《魔妖仙獣 大刃禍是》ならば発動条件を自然に満たせ、効果チェーンすれば2体のデッキバウンスができる。

 効果手札へのバウンスデッキへのバウンスに変更するので、相手ボード・アドバンテージを減らせる。
 しかし、あくまで他のカードによって発生するバウンスを強化するのみで、このカード単体にバウンス機能はなく、コンボ前提なのが難点となる。
 効果適用条件こそ妖仙獣だが、妖仙獣以外によるバウンスにも適用されるため、《強制脱出装置》等で手段を多めに確保しておきたい。
 《門前払い》も相性がよく、こちらがリクルーターなどで自爆特攻してもそのモンスターデッキに戻すことが可能になる。

 なお、この効果妖仙獣でないモンスターならば自分のモンスターにも適用されるため、【セルフ・バウンス】系のコンボを使う場合は相性が悪い。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果ペンデュラムゾーンの「妖仙獣カードモンスターが同時に手札に戻りペンデュラムゾーンに「妖仙獣カードフィールドに存在しなくなってしまう場合、そのモンスターはどうなりますか?
A:その場合でも、そのモンスターデッキに戻ります。(15/02/14)

Q:《ファントム・オブ・カオス》が「妖仙獣モンスター扱いの状態で効果手札に戻る場合、どうなりますか?
A:その場合、デッキに戻らず手札に戻ります。(15/02/14)


Tag: 《妖仙郷の眩暈風》 永続罠

広告