妖仙大旋風(ようせんだいせんぷう)/Yosen Whirlwind》

永続魔法
800LPを払ってこのカードを発動できる。
(1):1ターンに1度、自分フィールドの表側表示の「妖仙獣」モンスターが手札に戻った場合、
相手フィールドのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを持ち主の手札に戻す。
(2):自分ターンにこのカードの(1)の効果を適用していない場合、
自分エンドフェイズにこのカードは破壊される。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した永続魔法
 妖仙獣手札に戻った時、相手フィールドカード1枚をバウンスする効果を持つ。

 妖仙獣手札戻るだけで相手カードバウンスでき、《妖仙獣 鎌壱太刀》と違い裏側表示カードにも対応する。
 ただ妖仙獣効果バウンスすると、適用エンドフェイズと遅いため、妖仙獣攻撃を妨害するカードに対処できない。
 《A・ジェネクス・バードマン》など、妖仙獣バウンスできるカードを併用したい。
 また、妖仙獣除去されると手札戻せず自壊に繋がるため、《強制脱出装置》自分妖仙獣バウンスできるようにしておきたい。

 基本的には、妖仙獣除去される危険性の少ないメインフェイズ2で発動する事が多くなるだろう。
 永続魔法であるため、長く維持する事が前提ならば、相手の行動を毎ターン遅らせる事ができるが、《サイクロン》等で簡単に除去される上に自壊条件まで付いているため、期待するのはなかなか難しい。
 条件を満たせなくなると自壊はするが、1度でも効果発動できれば最低でもボード・アドバンテージ1:1交換は成り立つ。
 妖仙獣効果トリガーとするなら伏せカード下級モンスターバウンスしても大した影響はないため、エクストラデッキモンスター上級以上のモンスターバウンスしたい所。
 もしくは、《妖仙郷の眩暈風》を併用してモンスターデッキに戻せるようにしてもよい。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:(1)の効果で選択したモンスター効果処理時フィールドに存在しなくなり手札に戻せなかった場合、(2)の効果適用され破壊されますか?
A:いいえ、その場合でも(1)の効果適用された扱いになり、(2)の効果破壊されません。(15/02/18)

Q:(1)の効果で選択したモンスター手札に戻らずエクストラデッキに戻った場合、(2)の効果適用され破壊されますか?
A:いいえ、その場合でも(1)の効果適用された扱いになり、(2)の効果破壊されません。(15/02/14)

Q:(1)の効果で選択したモンスター《禁じられた聖槍》効果適用され手札に戻らなかった場合、(2)の効果適用され破壊されますか?
A:いいえ、その場合でも(1)の効果適用された扱いになり、(2)の効果破壊されません。(15/02/14)

Q:「妖仙獣モンスター《ヒーロー・マスク》効果で「妖仙獣モンスター扱いでなくなっている状態で手札に戻った場合、(1)の効果発動できますか?
A:いいえ、できません。(15/02/14)


Tag: 《妖仙大旋風》 魔法 永続魔法

広告