陽炎獣(ヘイズビースト) グリプス/Hazy Flame Griffin》

効果モンスター
星6/炎属性/鳥獣族/攻 200/守2100
相手フィールド上にモンスターが存在し、
自分のフィールド上・墓地に炎属性以外のモンスターが存在しない場合、
このカードは手札から特殊召喚できる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性鳥獣族上級モンスター
 陽炎獣共通の永続効果と、手札から特殊召喚できる召喚ルール効果を持つ。

 《サイバー・ドラゴン》等と似た召喚ルール効果を持つが、自分フィールドモンスターがいても、それが炎属性のみであれば特殊召喚できる。
 これにより、1体目を特殊召喚しても2体目以降の召喚条件が潰されず、手札で重複していても全て展開できる。
 しかし、効果墓地も参照するため、活かそうとすれば【陽炎獣】などの炎属性統一デッキか、エレメントセイバーでなければ使うのは難しい。
 手札誘発効果を持つモンスターも、《灰流うらら》以外は採用しにくくなってしまい、シンクロ召喚エクシーズ召喚で出すモンスターも大きく制限される。
 効果の妨げとならずにこのモンスターを素材として出せるモンスターの中では、除去効果を持つ《陽炎獣 バジリコック》がよいか。

 陽炎獣として見ると、唯一自身の効果手札から特殊召喚できるので手札事故要因になりにくい。
 また、《炎王の急襲》はもちろんのこと、攻撃力の低さからリクルーター《地獄の暴走召喚》にも対応する。
 これらの展開手段を多く採用するのならば、自身の効果は序盤に使えれば儲けものと割りきって他属性と併用しても良いだろう。
 《陽炎獣 サーベラス》サーチもあるので、【陽炎獣】ならばピン挿しでも活躍させやすい。

  • 「グリプス」とは、ギリシャ語でグリフォンの事である。

関連カード

収録パック等

FAQ

Q:相手フィールドモンスターが存在し、自分フィールド及び墓地モンスターが存在しない場合、このカードの効果特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(12/12/20)


Tag: 《陽炎獣 グリプス》 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 鳥獣族 攻200 守2100 陽炎獣 ヘイズ

広告