陽炎獣(ヘイズビースト) サーベラス/Hazy Flame Cerbereus》

効果モンスター
星6/炎属性/獣族/攻2000/守 200
このカードはリリースなしで召喚できる。
この方法で召喚したこのカードの元々の攻撃力は1000になる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。
また、このカードが破壊され墓地へ送られた時、
デッキから「ヘイズ」と名のついたカード1枚を手札に加える事ができる。

 COSMO BLAZERで登場した炎属性獣族上級モンスター
 妥協召喚が可能な召喚ルール効果妥協召喚した場合に元々の攻撃力を弱体化するルール効果陽炎獣共通の永続効果破壊され墓地へ送られた際にサーチを行う誘発効果を持つ。

 妥協召喚でき、ステータスの低下による戦闘破壊のされやすさもサーチ効果と噛み合っているため、破壊されても損失を被りにくい。
 サーチできるヘイズには魔法・罠カードも含まれており、《陽炎柱》《陽炎光輪》を選択すれば後続の展開を助けられる。
 展開の要となる《陽炎獣 ペリュトン》《陽炎獣 グリプス》サーチして《陽炎獣 バジリコック》エクシーズ召喚に繋げることもできる。
 総じて陽炎獣の中でも手札事故を起こしづらく、序盤の基点として柔軟に動かすことができるだろう。

 ただし、自身には自壊効果を持ち合わせていないため能動的な発動には他のカードとの併用が前提となる。
 特に《炎王の急襲》は自身をリクルートした上でエンドフェイズ自壊するため相性が良い。
 《激流葬》等で相手ごと巻き込みつつサーチするのも有効だろう。
 なお、任意効果であるためチェーン2以降で破壊した場合はタイミングを逃す点に注意したい。
 《ジェネレーション・チェンジ》破壊した後にサーチ効果を挟むため、自身を含む2枚分のヘイズサーチできない。
 召喚時に《連鎖破壊》発動すればデッキから2枚を破壊してサーチできる。

 守備力200ということで、《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》にも対応する。
 同じくこれらに対応し、妥協召喚可能なレベルモンスター《ラヴァル・ランスロッド》が存在する。
 あちらは妥協召喚時でもアタッカーとして機能し、元々の攻撃力でも上回るが自壊するデメリットを持つ。
 どちらにせよ召喚したターン中にエクシーズ召喚等に用いた方が良く、サポートカードが異なる点も合わせて使い分けるべきだろう。

 以上からカテゴリ外のカードとのシナジーも豊富な扱いやすいカードと言える。
 同様に召喚サポートが不要な《陽炎獣 グリプス》と共に、【炎属性】全般に《陽炎獣 バジリコック》召喚ギミックとしてを投入することも可能。
 変わったところでは、単体で《スキルドレイン》と組み合わせてアドバンテージを失いづらいアタッカーとして運用することもできる。

  • 「サーベラス」とは、ケルベロスの英語読みである。
    これまでに同じモチーフのモンスターは複数登場しているが、無数の蛇で構成された鬣や、竜のような太い尾を持つという特徴を持つのはこのカードが初めて。
    陽炎獣共通の合成獣的要素が色濃く反映されたデザインと言える。

関連カード

―《陽炎獣 サーベラス》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:ダメージステップ中にこのカード破壊され墓地へ送られた時でも、手札に加える効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(12/11/19)


Tag: 《陽炎獣 サーベラス》 効果モンスター モンスター 星6 炎属性 獣族 攻2000 守200 陽炎獣 ヘイズ

広告