陽炎獣(ヘイズビースト) ヒッポグリフォ/Hazy Flame Hyppogrif》

効果モンスター
星6/炎属性/炎族/攻2100/守 200
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はこのカードをカードの効果の対象にできない。
また、1ターンに1度、このカード以外の
自分フィールド上の炎属性モンスター1体をリリースして発動できる。
このカードの攻撃力は300ポイントアップする。

 ジャンプフェスタ2012(1日目) プロモーションカードで登場した炎属性炎族上級モンスター
 陽炎獣共通の永続効果フィールド上の炎属性1体をコストとした自己強化効果を持つ。

 効果の対象にできないという耐性は、《月の書》《強制脱出装置》の等汎用性が高いカードを無力化でき、《エフェクト・ヴェーラー》《デモンズ・チェーン》では無効にされないとなかなか強力。
 自分カードには干渉しないので、攻撃力変動カードと組み合わせれば除去と高攻撃力を併せ持つフィニッシャーとも渡り合える。
 ただし、《奈落の落とし穴》《激流葬》等の対象をとらない除去には無力のため、過信は禁物。

 自己強化は永続的に上昇するとはいえ1体のリリースに対し上昇率が非常に悪く、元々の攻撃力も低いので、基本的にはどうしても戦闘破壊したい場合に利用する事になる。
 しかし1ターンに1度の制限まで課せられており、等には自己強化を使ってようやく相打ちと、耐性以上に戦闘破壊の穴を突かれやすい。

 《フレムベル・ヘルドッグ》《真炎の爆発》に対応するため、上級モンスターの割に重さはそれほど気にならない。
 しかし陽炎獣には、妥協召喚が可能で、破壊時には後続をサーチできる守備力200の《陽炎獣 サーベラス》が存在する。
 そのうえ、あちらは《フレムベル・ヘルドッグ》と同じ獣族であるため、《幻獣の角》等の優秀なサポートカードも共有できる。
 それに対して、こちらは元々の攻撃力の差も微々たるものであり、炎族では《火口に潜む者》程度しか相性の良いものが存在しない。

 そのため、このカードは、陽炎獣サポートカードを扱う際に、《陽炎獣 サーベラス》に次ぐアタッカーとして採用するのが基本。
 《ラヴァル・ランスロッド》よりも汎用性は落ちる一方で、専用サポートカードによるリリース軽減などで連携はとりやすい。
 うまく数を揃えられれば、《真炎の爆発》から《陽炎獣 バジリコック》等のエクシーズ召喚も狙いやすくなるだろう。

  • 「ヒッポグリフォ(ヒッポグリフ/Hippogriff)」とは、グリフォンと雌馬の間に生まれたとされる伝説上の生物。
    身体の前半身が鷲で、後半身が馬になっている。

関連カード

収録パック等

広告