雷源龍(らいげんりゅう)−サンダー・ドラゴン》

効果モンスター
星1/光属性/雷族/攻   0/守2000
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨て、
自分フィールドの雷族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力は500アップする。
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「雷源龍−サンダー・ドラゴン」1体を手札に加える。

 SOUL FUSIONで登場した光属性雷族下級モンスター
 雷族モンスター単体強化する誘発即時効果除外またはフィールドから墓地へ送られた場合に同名カードサーチする誘発効果を持つ。

 サンダー・ドラゴンでは唯一の下級モンスターであり、ステータスの低さからサポートも多い。
 守備力も高くフィールドから墓地へ送られた場合も(2)の効果に繋がるため、単純にとしても優秀である。

 (1)の効果フリーチェーンでの単体強化
 上昇値は500と悪くない上、攻撃力上昇効果が次のターン以降も持続する。
 また、《雷神龍−サンダー・ドラゴン》効果トリガーとしても扱いやすい。

 (2)は同名カードサーチ効果
 《雷神龍−サンダー・ドラゴン》召喚条件除外して発動することで相手ターンフリーチェーン破壊効果で牽制することができる。
 繰り返し使用してサーチ先が無くなっても(1)の効果があるので無駄になりにくい。

 《雷劫龍−サンダー・ドラゴン》とのシナジーが強く、手札からの強化効果であちらの自己強化が可能。
 さらにあちらの(2)のコスト墓地から除外されることで同名カードサーチできる。
 あちらの(3)の効果除外された方をデッキに戻せるためサーチ先は枯渇せず、継続的に強化できる。

 効果は単体でも完結しているため、【雷族】コンバットトリック要員として採用することもできる。
 役割としては《オネスト》《ヴァイロン・プリズム》と競合しがちだが、雷族であり手札誘発強化効果を持つ下級モンスターとしては個性的で、《超雷龍−サンダー・ドラゴン》特殊召喚トリガーとしても使いやすいだろう。

関連カード

―《雷源龍−サンダー・ドラゴン》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《雷源龍−サンダー・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星1 光属性 雷族 攻0 守2000 サンダー・ドラゴン

広告