雷獣龍(らいじゅうりゅう)−サンダー・ドラゴン》

効果モンスター
星6/闇属性/雷族/攻2400/守   0
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
(1):このカードを手札から捨てて発動できる。
自分の墓地のカード及び除外されている自分のカードの中から、
「雷獣龍−サンダー・ドラゴン」以外の「サンダー・ドラゴン」カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードが除外された場合またはフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「サンダー・ドラゴン」モンスター1体を守備表示で特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

 SOUL FUSIONで登場した闇属性雷族上級モンスター
 墓地または除外されているサンダー・ドラゴンサルベージする起動効果除外またはフィールドから墓地へ送られた場合にサンダー・ドラゴンリクルートできる誘発効果を持つ。

 (1)は手札の自身と墓地除外ゾーンのサンダー・ドラゴンを入れ替える効果
 手札から発動できる効果の再利用が狙いとなる。
 このカード闇属性なので、《雷劫龍−サンダー・ドラゴン》などの除外コストの確保も可能。

 (2)はサンダー・ドラゴンリクルート効果
 闇属性のため《闇の誘惑》などで除外しつつ効果を発動できる。
 守備表示でのリクルートするため、そのままではアタッカーにできない。
 融合素材などに使用して、他のモンスターを出すための布石とするのがいいだろう。
 エンドフェイズには手札に戻るが、サンダー・ドラゴンであれば手札から効果を使えるため、あえてフィールドに残すという手段もある。

 攻撃力は2400と高めなので、《雷鳥龍−サンダー・ドラゴン》などの効果特殊召喚し、アタッカーにしてもよい。
 守備力は0だが闇属性なので《悪夢再び》などに対応する。

  • 「雷獣」とは「雷とともに地上へ降り立ち、人に害をなす」と伝えられる日本の妖怪。
    前脚が2本、後ろ脚が4本あるとされており、このモンスターの容姿もそれにならっている。
    現在では、その正体はハクビシンではないかと推測されている。

関連カード

収録パック等


Tag: 《雷獣龍−サンダー・ドラゴン》 効果モンスター モンスター 星6 闇属性 雷族 攻2400 守0 サンダー・ドラゴン

広告