(うら)ガエル/Flip Flop Frog》

効果モンスター
星2/水属性/水族/攻 500/守 200
このカードは1ターンに1度だけ裏側守備表示にする事ができる。
このカードがリバースした時、自分フィールド上の
「ガエル」と名のついたモンスターの数まで、
相手フィールド上のモンスターを選んで持ち主の手札に戻す事ができる。

 CRIMSON CRISISで登場した水属性水族下級モンスター
 サイクル・リバースモンスターの一体であり、自身を裏側守備表示にする起動効果相手フィールド上のモンスターバウンスする誘発効果を持つ。

 リバースした時に効果発動するので、戦闘時にリバースしても発動できる。
 また、効果解決時ガエルの数を参照する都合上、バウンス対象をとらない点も優秀。
 バウンス効果耐性を持つモンスターは非常に少ないため、不発にならない限りは除去としての信頼度は高い。

 ただモンスターを多く戻すだけなら、水属性水族である点を考慮しても《ペンギン・ソルジャー》の方が汎用性が高い。
 カードの種類を選ばず、場持ちもいい《ペンギン・ナイトメア》も存在する。
 利用するなら、リバース効果ではないサイクル・リバースモンスターである点を活かして使いたい。

 とりわけ《水舞台》戦闘破壊耐性付与とは相性が良く、リバース後も繰り返し効果を再利用しやすい。
 ガエル軸の【湿地草原】では除去要員として活躍できるだろう。
 《リビングデッドの呼び声》《竜魂の幻泉》から完全蘇生ができるのも《ペンギン・ソルジャー》《ペンギン・ナイトメア》には無い利点である。

  • 名前は「裏返る」の洒落だろう。
    自身をサイクル・リバースする、つまり「自身が裏返る」という事であり、実に直球のネーミングである。
  • 英語名の「Flip Flop(フリップフロップ)」はパタパタとひっくり返る(flip)さまなどを表す擬態語である。
    を切り替える効果を持つこのカードにぴったりのネーミングである。
    そこから「Flip Flop Frog」と続くことから、極めて歯切りのよい英語名を与えられたカードと言える。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:バウンス効果分類は対象を取りますか?
A:対象を取りません。(08/11/18)

Q:このカードリバースした時、自分フィールド上の装備カード扱いのガエルと名のついたモンスターも数えますか?
A:いいえ、ガエルと名のついた「モンスター」の数を参照にするので数えません。(10/09/11)

Q:裏側守備表示の《裏ガエル》が《レッド・デーモンズ・ドラゴン》攻撃を受けました。効果処理はどうなりますか?
A:まず《レッド・デーモンズ・ドラゴン》効果により、守備表示モンスターを破壊し、その後《裏ガエル》の効果発動します。(10/04/13)

Q:《裏ガエル》の効果モンスターを持ち主の手札に戻す場合、戻すモンスターを選ぶのは、《裏ガエル》のコントローラーですか?それとも戻される側ですか?
A:効果処理を行う際に《裏ガエル》の効果発動したプレイヤーが、手札に戻す相手モンスターを選びます。(11/03/04)


Tag: 《裏ガエル》 効果モンスター モンスター 星2 水属性 水族 攻500 守200 ガエル

広告