流星(りゅうせい)(ゆみ)−シール/Shooting Star Bow - Ceal》

装備魔法
装備モンスターの攻撃力は1000ポイントダウンする。
装備モンスターは相手プレイヤーに直接攻撃をする事ができる。

 ガーディアンの力で登場した装備魔法
 装備モンスター弱体化を代償に、相手フィールドモンスターが存在しても、装備モンスター直接攻撃可能になる効果を持つ。
 自身のガーディアンである《ガーディアン・シール》召喚条件

 ダメージには期待できず、戦闘ダメージを与えた時に発動する誘発効果を持つカードを併用したい。
 その際には弱体化したモンスターへの攻撃を防ぐため、《スクリーン・オブ・レッド》等を併せて使いたい。
 ただし、弱体化値が1000と大きく、それ以下の攻撃力しかない《E・HERO ボルテック》《軍隊ピラニア》などは他のカード攻撃力を上げないと効果を活かせない。

 デメリットモンスター《あまのじゃくの呪い》とこのカードによる1ターンキル要員としても使用される。
 具体的には、《秒殺の暗殺者》にこのカード《閃光の双剣−トライス》を装備し《あまのじゃくの呪い》をかければ、手札2枚を持つことで1ターンキルが成立する。
 また、《邪神アバター》を常時活躍させるデッキならばこのカードを有効活用できる。
 相手モンスターを倒さないため常に攻撃力を確保でき、攻撃力の減少が《邪神アバター》永続効果によってリセットされたまま、直接攻撃が可能となるためである。
 《キメラテック・オーバー・ドラゴン》等の超攻撃力を得られるものなら1000ポイント程度ダウンしても攻撃力8000は優に越えるため、一撃ゲームエンドも難しくない。

 【ベン・ケイ1キル】にも非常に有用。
 攻撃回数を増やして相手モンスターを無視して攻撃ができ、このデッキの天敵である《冥府の使者ゴーズ》をも無力化できる。
 下がった攻撃力は他の装備カードでフォローできるので、装備する価値は十分にある。

 《超重武者ビッグベン−K》とも相性が良く、守備力攻撃力として扱うため打点を下げずに直接攻撃できる。
 守備力が高いままなので戦闘破壊される恐れも少ない。

関連カード

―《流星の弓−シール》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:攻撃力0で相手直接攻撃した場合、「直接攻撃に成功したとき」などのタイミングで発動するモンスター誘発効果発動しますか?
A:いいえ、発動しません。

Q:相手モンスターに装備させた場合、そのモンスター自分直接攻撃できますか?
A:直接攻撃できません。(17/01/15)


Tag: 《流星の弓−シール》 魔法 装備魔法

広告