流星竜(りゅうせいりゅう)メテオ・ブラック・ドラゴン/Meteor Black Comet Dragon》

融合・効果モンスター
星8/闇属性/ドラゴン族/攻3500/守2000
レベル7「レッドアイズ」モンスター+レベル6ドラゴン族モンスター
(1):このカードが融合召喚に成功した場合に発動できる。
手札・デッキから「レッドアイズ」モンスター1体を墓地へ送り、
そのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを相手に与える。
(2):このカードがモンスターゾーンから墓地へ送られた場合、
自分の墓地の通常モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 融合召喚に成功した場合に手札デッキからレッドアイズモンスター墓地へ送ってその元々の攻撃力の半分のダメージを与える誘発効果墓地へ送られた場合に通常モンスター蘇生する誘発効果を持つ。

 融合素材レベルレッドアイズレベルドラゴン族
 同じくレッドアイズ融合素材とする《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》と比べて、融合素材の指定が緩い。
 通常モンスター指定が無いので、デュアルモンスター《真紅眼の黒炎竜》《真紅眼の凶星竜−メテオ・ドラゴン》を、《真紅眼融合》によるデッキ融合に利用できる。
 また、レベルドラゴン族レッドアイズでなくともよく、いくつかの選択肢がある。
 通常モンスターチューナー《ラブラドライドラゴン》は、《真紅眼の鎧旋》などで蘇生させてシンクロ素材エクシーズ素材にすることができる。
 《ライトパルサー・ドラゴン》墓地から自己再生できる効果を持ち、レッドアイズ特殊召喚コストに充てられる。
 《聖刻龍−トフェニドラゴン》は自己特殊召喚が可能で、更にレベルドラゴン族《聖刻龍王−アトゥムス》エクシーズ素材にもなるので、【聖刻】寄りの構築にしてもよい。

 (1)は、融合召喚に成功した場合に手札デッキレッドアイズ墓地へ送り、その元々の攻撃力の半分のバーンダメージを与える効果
 《真紅眼融合》デッキ融合した場合、計3枚のデッキ圧縮墓地肥やしが可能。
 《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》《真紅眼の飛竜》墓地へ送ることができ、次ターン以降の《真紅眼の鎧旋》《レッドアイズ・スピリッツ》による展開を準備できる。
 また、《龍の鏡》融合召喚した場合でも(2)の効果蘇生対象を用意することができるが、上記のような蘇生カードとは相性が悪い。
 バーンは600〜1400とそれなりの数値であり、《真紅眼融合》《黒炎弾》2枚(2回)で先攻1ターンキルも狙える。

 (2)は、自身がモンスターゾーンから墓地へ送られた場合に、墓地通常モンスター蘇生する効果
 バウンス除外には対応できないが、戦闘効果墓地へ送られても後続を用意することができる。
 タイミングを逃さない上に破壊に限定されていないので、シンクロ素材ウイルス媒体などに使った場合も発動可能である。
 ただし、モンスターゾーンから墓地へ送られる必要があるため、エクシーズ素材装備カード状態で墓地へ送られた場合は発動できない。
 また、《真紅眼融合》融合召喚したターンデメリットにより発動できないため、そのターン中の除去は何としても防ぎたい。

 《悪魔竜ブラック・デーモンズ・ドラゴン》と違いレベル8なので、《復活の福音》に対応している。
 上記のような弱点はあるものの、一度蘇生制限さえ満たしてしまえば、以後、蘇生効果持ちで攻撃力3500のアタッカーとして使い回せるのは大きなメリットである。
 先述の墓地肥やし性能も考え合わせると、墓地リソースが重要な【真紅眼の黒竜】では、先攻ターン目から展開しておくのに最適なカードと言えるだろう。

  • 「メテオ(Meteor)」とは「隕石・流星」の意味であるため、漢字部分とカタカナ部分の意味は大体同じである。

関連カード

融合素材にできるレベル7のレッドアイズモンスター

融合素材にできるレベル6のドラゴン族モンスター

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《流星竜メテオ・ブラック・ドラゴン》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 星8 闇属性 ドラゴン族 攻3500 守2000

広告