(りゅう)転生(てんせい)/Dragon's Rebirth》

通常罠
(1):自分フィールドのドラゴン族モンスター1体を対象として発動できる。
その自分のドラゴン族モンスターを除外し、
自分の手札・墓地からドラゴン族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 ストラクチャーデッキ−ドラゴニック・レギオン−で登場した通常罠
 フィールドドラゴン族除外し、手札墓地ドラゴン族特殊召喚する効果を持つ。

 入れ替えを行うカードとしては珍しく、手札墓地のどちらにも対応している上にレベルの制限もない。
 しかし、普通に使用すると1〜2枚のディスアドバンテージとなる上に、フィールドドラゴン族除外してしまうので墓地リソースにもならない。
 また、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》がほぼ同じ効果を持っており、あちらは自身も高い攻撃力を持つ上に使い捨てではなく、サルベージ手段も豊富である。
 罠カードゆえに手札に来てから発動できるまでがやや遅く、せっかく手札からも特殊召喚できるにもかかわらず、初動での大量展開に向かない。
 蘇生させるだけならば《リビングデッドの呼び声》で対応できる。

 サクリファイス・エスケープを行う事でディスアドバンテージの無い蘇生ができれば理想的。
 《聖刻龍−ドラゴンヌート》とのコンボも有効で、《竜の霊廟》とも併用しやすい。
 上級モンスターを呼び出して戦線を維持する他、《マテリアルドラゴン》《ボマー・ドラゴン》などであれば強固なとしても機能する。
 攻撃を行ったモンスター除外して追撃を行うことも可能。
 この時除外したモンスター闇属性であれば、《闇次元の解放》により即座に帰還させ、更なる追撃が可能となる。
 完全蘇生であるため、耐性がないドラゴン族特殊召喚するならば、こちらの方が安全だろう。

  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALII(セカンド)の「カイトvsジンロン」戦でジンロンの手札に確認できる。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:除外コスト効果のどちらですか?
A:効果処理で、対象を取り発動時に自分フィールド上に存在するドラゴン族1体を選択します。(11/12/10)

Q:除外する処理と特殊召喚する処理は同時に行う扱いですか?
A:はい、同時に行う扱いです。(11/12/14)

Q:効果解決時対象に選択したモンスター裏側表示になる、またはコントロール相手に移った場合、除外する効果適用されますか?
A:いいえ、適用されず特殊召喚する効果適用されません。(11/12/10)

Q:このカード《コアキメイル・ドラゴ》除外し、光属性闇属性ドラゴン族特殊召喚することはできますか?
A:その場合は光属性闇属性以外のドラゴン族しか特殊召喚することができないため、特殊召喚できない場合はこのカード発動自体ができません。(12/03/11)

Q:ドラゴン族モンスタートークンを選択して除外する事はできますか?
A:はい、選択して除外する事ができ、特殊召喚する処理も行われます。(15/03/12)


Tag: 《竜の転生》 通常罠

広告