竜星(りゅうせい)輝跡(きせき)/Yang Zing Path》

通常魔法
「竜星の輝跡」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地の「竜星」モンスター3体を対象として発動できる。
そのモンスター3体をデッキに戻してシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。 

 ザ・デュエリスト・アドベントで登場した通常魔法
 竜星デッキに戻しドローを行う効果を持つ。

 竜星はそれぞれがリクルート効果を備えているのでデュエル序盤からでも発動しやすく、自爆特攻発動条件を強引に満たすこともできる。
 《闇竜星−ジョクト》と相性が良く、手札コストを補いつつ、リクルート対象を補充できる。
 一方で、墓地リソースを減らしてしまう点から《竜星の気脈》との相性は悪い。
 他のカードとの兼ね合いを見極めて採用数を調整するといいだろう。

  • イラストで一際目立つ細長い星座は、りゅう座と思われる。
    竜星の名に因んで、竜の星座なのだろう。

関連カード

墓地カードデッキ戻しドローする効果《貪欲な壺》を参照

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象に選択したモンスターの内1体が墓地に存在しない場合、残りのモンスターデッキに戻す処理とドローする処理は行いますか?
A:いいえ、行いません。(14/04/19)

Q:以下のカード効果で、対象カードが全てエクストラデッキに戻った場合、効果ドローする前にデッキシャッフルしますか?
A:《炎帝近衛兵》
《星因士 シリウス》
《聖騎士の三兄弟》
《ナチュル・マロン》
《氷結界の輸送部隊》
《ダイガスタ・エメラル》
《金満な壺》
《グラディアル・リターン》
《貪欲な壺》
《貪欲で無欲な壺》
《ホープ・オブ・フィフス》
《竜星の輝跡》
《サイコ・チャージ》
《TGX3−DX2》
《貪欲な瓶》:デッキカードが1枚も戻っていないのであれば、そのデッキシャッフルせずに効果処理を行います。(16/01/25)


Tag: 《竜星の輝跡》 魔法 通常魔法 竜星

広告