竜星(りゅうせい)九支(きゅうし)/Nine Pillars of Yang Zing》

カウンター罠
(1):自分フィールドに「竜星」カードが存在し、
モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、そのカードを持ち主のデッキに戻す。
その後、このカード以外の自分フィールドの「竜星」カード1枚を選んで破壊する。

 インベイジョン・オブ・ヴェノムで登場したカウンター罠
 モンスター効果魔法・罠カード発動無効にしてデッキ戻し、さらに自分フィールドの他の竜星1枚を破壊する効果を持つ。

 表側表示竜星カードが存在するという【竜星】では緩い発動条件で、モンスター効果魔法・罠カード発動無効にできる。
 さらに、竜星破壊する効果も持ち、竜星モンスター破壊する事で竜星の入れ替えができる。

 無効にしたカードデッキに戻り、サーチ手段がないカードであれば再利用される可能性は低くなる。
 逆にサーチ手段が豊富にあるものに対しては効果が薄いため、無効するカードは見極めた上で発動したい。

 チェーン3以降で発動すると、竜星の「破壊された時」の効果タイミングを逃すことになってしまう(詳しくは下記)。
 そのため、召喚時の誘発効果相手魔法・罠カード発動等、チェーン1で発動されやすいものを狙うのが基本となる。
 やむを得ずチェーン3以降で発動することになった場合を考え、《竜星の具象化》《源竜星−ボウテンコウ》などの「場合」で発動するカードを併用したい。
 《水竜星−ビシキ》罠カード耐性を付けた竜星シンクロモンスターを使って、破壊を回避する事もできる。

  • カード名は、「竜生九子(りゅうせいきゅうし)」に由来している。
    詳細は竜星を参照。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:『自分フィールドの「竜星カード1枚を選んで破壊する』で、裏側表示の「竜星カードを選べますか?
A:いいえ、表側表示カードの中から選ばなければいけません。(16/08/15)

Q:墓地に送られた時や除外された時に発動する効果の場合も、そのカードデッキに戻せますか?
A:はい、その場所で発動しそのままこのカード効果解決時にその場所にあるならばそのカードデッキに戻します。
  逆に、発動した場所とこのカード効果解決時にある場所が違う場合、例えばフィールドで自身をリリース発動墓地にある場合などはデッキに戻す事ができません。(16/11/06)

Q:《ギガンテック・ファイター》墓地に送られた時の効果チェーンして発動した場合、どのような処理になりますか?
A:まず《ギガンテック・ファイター》モンスター効果の発動無効になり、デッキではなくエクストラデッキに戻ります。
  デッキではなくエクストラデッキに行っていますが、その後竜星を1枚破壊します。(16/11/09)


Tag: 《竜星の九支》 カウンター罠 竜星

広告