(イー)星因士(サテラナイト)−セフィラツバーン/Satellarknight Zefrathuban》

ペンデュラム・効果モンスター
星4/光属性/戦士族/攻   0/守2100
【Pスケール:青1/赤1】
(1):自分は「テラナイト」モンスター及び「セフィラ」モンスターしかP召喚できない。
この効果は無効化されない。
【モンスター効果】
「竜星因士−セフィラツバーン」のモンスター効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・反転召喚・P召喚に成功した場合、
このカード以外の自分のモンスターゾーン・Pゾーンの、
「テラナイト」カードまたは「セフィラ」カード1枚と、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 クロスオーバー・ソウルズで登場した光属性戦士族下級ペンデュラムモンスター
 セフィラ共通のペンデュラム効果召喚・反転召喚・ペンデュラム召喚に成功した場合にセフィラまたはテラナイト1枚と相手フィールド表側表示カード1枚を破壊する誘発効果を持つ。

 《覚星輝士−セフィラビュート》と対になっており、こちらは表側表示カード破壊する。
 このカード《覚星輝士−セフィラビュート》【セフィラ】における除去の主力となる。
 ペンデュラムモンスター破壊すればペンデュラム召喚で損失を取り戻せるので、何度もペンデュラム召喚してアドバンテージを稼ぎたい所。
 《炎獣の影霊衣−セフィラエグザ》トリガーにもなり、単なる除去に留まらない役割を持つ効果である。
 守備力は高いものの攻撃力0なので、できるだけ召喚は避け守備表示でのペンデュラム召喚から効果を使いたい。

 このカードおよび《覚星輝士−セフィラビュート》は、発動時に自分カード相手カードの1枚ずつを対象にとるが、どちらかが破壊できなくてももう片方は破壊するという裁定である。
 この性質を利用し、自分カード破壊枚数を抑えて損失を減らすのは【セフィラ】を使いこなす上での必須事項の1つと言える。
 特に、一斉にペンデュラム召喚されたセフィラモンスター効果をどの順番でチェーンを組み発動するかは重要である。

  • 「イーサ(ether)」の由来は、かつて光の媒質として宇宙を満たしていると考えられていた仮想の物質「エーテル(ether)」だろうか。
    また、ツバーンは「りゅう座」のα星のことを指す。
  • 原作・アニメにおいて―
    漫画版GXでは、カイザー亮がモチーフを同じくする《サイバー・ツバーン》を使用している。

関連カード

―《竜星因士−セフィラツバーン》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:《竜星因士−セフィラツバーン》は「竜星」と名のついたカードとして扱われますか?
A:《竜星因士−セフィラツバーン》は「竜星」と名のついたカードとしては扱われません。 (15/02/13)

Q:《竜星因士−セフィラツバーン》の(1)のモンスター効果対象として、他の同名カード(=《竜星因士−セフィラツバーン》)を対象に選択する事はできますか?
A:できます。(15/02/13)

Q:《竜星因士−セフィラツバーン》の(1)のモンスター効果対象として、ペンデュラムゾーン《覚星輝士−セフィラビュート》と、モンスターゾーン《星輝士 デルタテロス》を選択しました。
  その効果の発動チェーンして《サイクロン》発動し、ペンデュラムゾーン《覚星輝士−セフィラビュート》破壊された場合、処理はどうなりますか?
A:《竜星因士−セフィラツバーン》のモンスター効果対象として選択したカードの2枚のうち、1枚がフィールドに存在しなくなった場合でも、残りのカードは通常通り破壊されます。
  (質問の状況の場合、モンスターゾーン《星輝士 デルタテロス》は、《竜星因士−セフィラツバーン》のモンスター効果によって破壊されます。) (15/02/13)


Tag: 《竜星因士−セフィラツバーン》 モンスター 星4 光属性 戦士族 ペンデュラムモンスター 効果モンスター スケール1 攻0 守2100 テラナイト セフィラ

広告