竜破壊(りゅうはかい)剣士(けんし)−バスター・ブレイダー/Buster Blader, the Dragon Destroyer Swordsman》

融合・効果モンスター
星8/光属性/戦士族/攻2800/守2500
「バスター・ブレイダー」+ドラゴン族モンスター
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。
(1):このカードは直接攻撃できない。
(2):このカードの攻撃力・守備力は、
相手のフィールド・墓地のドラゴン族モンスターの数×1000アップする。
(3):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
相手フィールドのドラゴン族モンスターは守備表示になり、
相手はドラゴン族モンスターの効果を発動できない。
(4):このカードが守備表示モンスターを攻撃した場合、
その守備力を攻撃力が超えた分だけ戦闘ダメージを与える。

 ブレイカーズ・オブ・シャドウで登場した光属性戦士族融合モンスター
 自身の直接攻撃を封じる永続効果相手フィールド墓地ドラゴン族に比例して自己強化する永続効果相手ドラゴン族守備表示にしてモンスター効果の発動を封じる永続効果貫通永続効果を持つ。

 【ドラゴン族】に対しては無類の強さを誇るが、相手ドラゴン族を全く使わない場合は、ただの直接攻撃できない貫通アタッカーにすぎない。
 したがって、相手モンスター種族ドラゴン族に変更できる《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》と並べて運用する事が前提となる。
 更に、相手モンスタードラゴン族になることで、《破壊剣士融合》によって融合素材にできる点も相性抜群である。

 このカード《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》が揃った場合の制圧力は非常に高く、相手フィールドの全てのモンスターは、攻撃効果発動もできなくなる。
 加えて、大幅に上昇した攻撃力貫通効果により、モンスター越しにでも大きなダメージが見込める。
 また、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》効果破壊剣モンスター装備することで、ロックを更に強化することも可能である。
 除去モンスターに依存したデッキ相手ならば、そのまま完封できるだろう。

 しかし、魔法・罠カードには対応できないので、《破戒蛮竜−バスター・ドラゴン》との布陣を整えても、《ブラック・ホール》《激流葬》1枚で壊滅しかねない。
 そのため、できれば、《大革命返し》などの対抗手段も用意しておきたいところである。
 直接攻撃できないデメリットが共通する《安全地帯》も相性が良い。
 魔法・罠カードによるモンスター除去を防ぎ、《オネスト》等の反撃を受けても戦闘破壊されないのは大きな利点となる。
 その他、このカード単体では、相手モンスターを出してこなければ、直接攻撃ができずにデュエルが膠着する恐れがある点にも注意したい。

 【バスター・ブレイダー】以外では、ドラゴン族を採用した【ブラック・パラディン】でも融合召喚を狙える。
 相手《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》などのドラゴン族を使ってくる場合に、その効果を封じるために入れておいてもいい。

関連カード

―《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》の姿が見られるカード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《竜破壊の剣士−バスター・ブレイダー》 モンスター 融合モンスター 効果モンスター 特殊召喚モンスター エクストラデッキ 星8 光属性 戦士族 攻2800 守2500 バスター・ブレイダー 正規の方法以外での特殊召喚不可

広告