竜魔人(りゅうまじん) キングドラグーン/King Dragun》

融合・効果モンスター
星7/闇属性/ドラゴン族/攻2400/守1100
「ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−」+「神竜 ラグナロク」
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、
相手はドラゴン族モンスターを魔法・罠・モンスターの効果の対象にする事はできない。
1ターンに1度だけ、手札からドラゴン族モンスター1体を
自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。

 FLAMING ETERNITYで登場した闇属性ドラゴン族融合モンスター
 ドラゴン族効果の対象にできなくする永続効果手札ドラゴン族1体を特殊召喚する起動効果を持つ。

 《ロード・オブ・ドラゴン−ドラゴンの支配者−》効果を受け継ぎ、小型の《ドラゴンを呼ぶ笛》内蔵している。
 手札ドラゴン族特殊召喚する効果レベルを問わず、《レッドアイズ・ダークネスメタルドラゴン》などを展開すれば更なるアドバンテージを獲得できる。

 ドラゴン族対象をとる効果から守れるのも有用で、自身もドラゴン族なので恩恵を受けられる。
 《クリアウィング・シンクロ・ドラゴン》などのモンスターを守れば突破されにくい布陣となる。
 この効果フィールドドラゴン族適用されるため、相手は自身のドラゴン族対象をとる効果でサポートできなくなるという副次的なメリットもある。

 なお、攻撃力上級モンスターとしては標準的だが、現環境では容易に突破されるため戦闘破壊対象を取らない効果には対策をしておきたい。
 除外バウンスには対象をとる効果が多いのに対し、対象をとらない効果破壊が多いため、破壊無効にするカードと併用することによって、より戦線を強固にすることができる。
 特に《マテリアルドラゴン》は、このカードの効果特殊召喚できる上に互いに隙を補い合うことができ、抜群のシナジーを誇る。

 問題は融合モンスターであり召喚自体が難しいという点であろうが、このカード属性種族に恵まれており融合召喚方法は多彩である。
 詳細は【ドラゴン族】【竜魔人 キングドラグーン軸】を参照のこと。

  • 「ドラグーン(Dragoon)」とは「竜騎兵」を意味する。
    ファンタジー作品では文字通り竜に騎乗して戦う戦士のことを意味するが、本来の意味は近世ヨーロッパにおける兵科の一つで、銃火器を装備した騎兵のことである。
  • このような由来とは裏腹に、イラストモンスターは人と竜が合体したような姿をしている。
    このため、英語名では「Dragun」と固有名詞扱いにされている。

関連カード

融合素材

カード名関連

収録パック等

FAQ

Q:このカードの「1ターンに1度だけ、手札からドラゴン族モンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事ができる。」という効果に対して《天罰》発動する事はできますか?
A:はい、このカード効果チェーンして《天罰》発動する事ができます。(05/03/31)

Q:このカードが存在するときに、相手墓地除外されているドラゴン族対象に取ることはできますか?
A:はい、墓地除外されているドラゴン族モンスター対象にできます。(15/03/27)


Tag: 《竜魔人 キングドラグーン》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 闇属性 ドラゴン族 攻2400 守1100.

広告