竜魔道騎士(りゅうまどうきし)ガイア》

融合・効果モンスター
星7/風属性/ドラゴン族/攻2600/守2100
「暗黒騎士ガイア」モンスター+レベル5ドラゴン族モンスター
このカード名の(2)(3)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードはモンスターゾーンに存在する限り、
カード名を「竜騎士ガイア」として扱う。
(2):自分・相手のメインフェイズに、このカード以外のフィールドのカード1枚を対象として発動できる。
このカードの攻撃力を2600ダウンし、対象のカードを破壊する。
(3):このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードの攻撃力は2600アップする。

 RISE OF THE DUELISTで登場する風属性ドラゴン族融合モンスター
 カード名《竜騎士ガイア》として扱う効果、自身の攻撃力を2600下げて対象カード破壊する効果相手モンスター戦闘破壊した時に2600の自己強化を行う効果を持つ。

 融合素材暗黒騎士ガイアレベルドラゴン族とやや限定されている。
 《魔道騎士ガイア》《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》《獄炎のカース・オブ・ドラゴン》特殊召喚するのが最も手軽な方法か。
 特に《呪われし竜−カース・オブ・ドラゴン》サーチできる《螺旋融合》ならば攻撃力が5200となるため、(2)(3)のサポートにもなる。
 融合素材が類似する《天翔の竜騎士ガイア》のページも参照すると良い。

 (1)はフィールドカード名《竜騎士ガイア》として扱う効果
 同じ効果を持つ《天翔の竜騎士ガイア》と同様に《竜騎士ガイア》サポートカードを利用できる。

 (2)は自身の攻撃力を2600下げて対象カード破壊する効果
 メインフェイズに限定されているが相手ターンにも発動可能なので、制圧にも利用可能。
 1度使用すると攻撃力0となってしまうが、(3)や他のカードの効果攻撃力を上げていれば複数回の使用も狙える。
 もっとも、1ターンに1度しか使えないので、攻撃力を上げたところであっさり除去される可能性もある。
 場合によっては使い捨て感覚で使用して蘇生で使い回すのを狙うのも手か。

 (3)は相手モンスター戦闘破壊した時での2600の自己強化
 戦闘に強くなると同時に(2)の複数回使用も狙えるので、場持ちが格段に良くなる。
 《螺旋融合》等であれば、攻撃力を上げて2回目の攻撃を行うこともできる。
 なるべくならば特殊召喚したターンにこの効果発動して攻撃力を5200以上にし、返しの相手ターンに備えたい。

 同じ(1)の効果を持つ《天翔の竜騎士ガイア》とはステータスが同じで融合素材も類似する。
 あちらはドラゴン族レベル指定がない分だけ融合召喚のしやすさで勝り、《螺旋槍殺》とのコンボに特化した性能を持つ。
 一方、こちらは自己完結した(2)(3)の効果を持つので単体でも機能する分だけ汎用性の高さで勝る。
 状況に応じて2体の融合モンスターを使い分けたい。

関連カード

―《竜魔道騎士ガイア》の姿が見られるカード

融合素材になれるレベル5ドラゴン族

―自身の効果レベルの変更が可能なドラゴン族モンスター

収録パック等


Tag: 《竜魔道騎士ガイア》 融合モンスター 効果モンスター モンスター 星7 風属性 ドラゴン族 攻2600 守2100

広告