旅人(たびびと)試練(しれん)/Ordeal of a Traveler》

永続罠
相手モンスターの攻撃宣言時に発動する事ができる。
自分の手札から相手はランダムにカードを1枚選択し、
そのカードの種類(モンスター・魔法・罠)を当てる。
ハズレの場合、その攻撃モンスターを持ち主の手札に戻す。

 Pharaonic Guardian −王家の守護者−で登場した永続罠
 手札カードの種類相手に問い、ハズレの場合相手攻撃モンスターバウンスする効果を持つ。

 不確定要素が絡み確実性には欠けるが、維持コストの無い永続的な防御カードである。
 防御に失敗したり、このカード破壊されてもこちらがデメリットを負う事も無い。
 さらに、破壊ではなくバウンスであるため《スターダスト・ドラゴン》等に防がれる事も無い。
 エクストラデッキからのモンスターに対しては完全な除去となる。

 バウンスに成功するかはランダムだが、《カードトレーダー》《リロード》《ゴブリンのやりくり上手》等で手札を入れ替えると成功率は上がる。
 大量ドロー大量消費が基本な【フルバーン】【ウォールバーン】においては、手札の入れ替えが激しくカードの種類を悟られにくいため利用価値は高め。
 また、《E・HERO フォレストマン》《カードトレーダー》のように毎ターン手札を増やせるコンボなら防御性能も上がる。

 《モンスターBOX》と同時に発動すれば、さらに防御力が増す。
 《縮退回路》発動させていれば、攻撃モンスターを繰り返し除外できる。

 しかし、相手手札公開した時に情報アドバンテージを失っている事は、デメリットとして意識しなければならない。
 連続して発動すれば、作戦が筒抜けになるに十分な情報アドバンテージの損失が発生し、2、3ターンも経てばデッキの型も明らかになる。
 遅延目的なこのカードのためにデッキタイプを隠すプレイをするくらいならば、最初からデッキコンセプト通り動いた方が良い。

 また、バウンス成功の確率は2/3のように思えるが、実際はそれよりも低い。
 常に大量の手札が確保できるなら兎も角、そのような状況下において手札内でごまかしを効かせるのは予想外に難しい。
 1枚でも特殊召喚条件が満たせないモンスター発動条件が満たせない魔法カードなどが露見すると狙い撃ちの如く宣言される。
 魔法・罠カードならばセットモンスターでも手札コスト等で捨てる事は可能だが、手札枚数が減ればよりランダム性は低くなる。

 安定した防御性能を求めるのならば《くず鉄のかかし》が存在し、こちらは手札0でも機能する上、攻撃を止めるだけなら確実にこなす。
 いずれにしろ、あくまでも時間稼ぎにしかならず、勝利に直接結びつかない。
 キーカード手札に集め一撃必殺を行うようなデッキで活かすべきだろう。

  • 不正防止のため、当たったにしろ外れたにしろ必ずカード相手確認させなければならない。
  • 原作・アニメにおいて―
    「KCグランプリ編」において、「城之内vsマスク・ザ・ロック」戦でロックが使用。
    城之内の攻撃を妨害するも、発動時の手札が1枚しか無かった事もあり、2回目はあっさり突破されてしまう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分手札が0枚の時にこのカードの効果発動できますか?
A:いいえ、発動できません。(12/07/20)

Q:チェーンブロックを作ったこのカードの効果に対し、さらにこのカードの効果チェーンさせ、延々とチェーンを積み重ね続けることはできますか?
A:いいえ、できません。(09/01/29)


Tag: 《旅人の試練》 永続罠

広告