力天使(りきてんし)ヴァルキリア》

効果モンスター
星4/光属性/天使族/攻1800/守1050
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分がモンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効にした場合に発動する。
デッキから天使族・光属性モンスター1体を手札に加える。

 ストラクチャーデッキR−神光の波動−で登場した光属性天使族下級モンスター
 カードの発動無効トリガー天使族光属性モンスター1体をサーチする誘発効果を持つ。

 【エンジェル・パーミッション】における、《豊穣のアルテミス》と並ぶ手札補充要員となりうるカード
 《豊穣のアルテミス》と異なりカウンター罠以外もトリガーにできるので、《虹光の宣告者》《緑光の宣告者》などもトリガーにできる。
 【神光の宣告者】とも相性抜群で、《神光の宣告者》と並べることで実質ノーコストでのカウンターが可能となる。

 サーチ先は光属性天使族全般とかなり広い。
 このカード自身が戦闘破壊で処理される事を防げる《オネスト》サーチ先の筆頭候補だろう。
 宣告者サーチして新たな無効手段を確保したり、レベルの制限がないので《裁きを下す者−ボルテニス》などのフィニッシャーサーチする事もできる。
 ただし、このカードが存在する時点で相手無効化されることを警戒するため、狙ったタイミングでのサーチはやや難しいと言える。

 自分カード発動無効にしても効果を使える。
 そのため、《エンペラー・オーダー》召喚に成功した場合の効果無効にして1枚ドローしたとしても発動可能。
 【アルカナフォース】であれば自然に採用できる。

 弱点としては、「モンスター効果または魔法・罠カード発動」以外の無効化をトリガーにできない点が挙げられる。
 特に、今日のデュエルで頻繁に行われる《神の警告》等によるモンスターの召喚特殊召喚無効化がトリガーにできないのは痛い。
 カウンター罠でありながら手軽に発動でき、《豊穣のアルテミス》とは相性の良い《強烈なはたき落とし》も、何も無効にしないためトリガーにならない。
 【エンジェル・パーミッション】では《豊穣のアルテミス》と同じ感覚では使えないので、ある程度デッキの調整が必要となる。

  • 原作・アニメにおいて―
    漫画GXにてマッケンジーが、このカードと同じく「力天使」の名を持つ天使族《力天使ヴァーチ》を使用している。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《力天使ヴァルキリア》 モンスター 効果モンスター 星4 光属性 天使族 攻1800 守1050

広告