霊魂の円環(エスプリット・ヒーリング)/Shinobird Salvation》

永続罠
「霊魂の円環」の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在し、
自分フィールドの表側表示のスピリットモンスターが自分の手札に戻った場合、
相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。
(2):相手モンスターの攻撃宣言時に自分の墓地のスピリットモンスター1体を除外して発動できる。
その攻撃を無効にし、その後バトルフェイズを終了する。

 レイジング・テンペストで登場した永続罠
 スピリットバウンストリガーフィールドのカード破壊する効果墓地スピリットコスト攻撃無効にし、バトルフェイズを終了させる効果を持つ。

 (1)の効果スピリットバウンストリガーとする。
 スピリットの自己バウンスエンドフェイズにしか発動せず、基本的にセットした次の自分ターンからでないと効果を使えない。
 即効性を高めたいなら《A・ジェネクス・バードマン》などを組み合わせたいところ。

 あるいはこの遅さに目を瞑り、スピリットの自己バウンスで毎ターン効果発動する運用を主眼に置くのも手か。
 特に《荒魂》との組み合わせは大幅にアドバンテージを稼ぐことが可能。
 また、《緊急儀式術》《霊魂鳥神−彦孔雀》相手ターン儀式召喚した場合や、リバースしたスピリットエンドフェイズまで生き残った場合などはエンドサイクのようにも扱える。

 (2)の効果墓地スピリットコストにして、攻撃無効にし、バトルフェイズを終了できる。
 このカード自体を破壊されなければ延々と時間を稼げ、時間を稼げばそれだけ毎ターンアドバンテージを稼げる(1)の効果が活きてくる。
 コストとしては墓地へ送られた際にドローができる《和魂》との相性が良い。
 《霊魂の降神》によって手札からリリースしたスピリットも無駄なく使えるが、墓地除外儀式召喚に充てる効果とはコストが競合するのでリソースの管理が必要になる。

 いずれの効果も維持するほど有利になる長期戦に優れた効果だが、その分このカードは真っ先に狙われるためカウンター罠などで守りたいところ。

  • 英語で「ヒーリング(healing)」は「治癒」を、「Salvation」は救助を意味する。
    どちらにしても、(1)の攻撃的な効果にはあまりそぐわない名称といえるだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

(1)の効果について

Q:《河伯》効果によってスピリットモンスター扱いになっている自分モンスター手札に戻った場合でもこの効果発動できますか?
A:はい、発動できます。(16/10/07)


Tag: 《霊魂の円環》 永続罠

広告