霊魂の降神(エスプリット・コーリング)/Shinobird's Calling》

儀式魔法
「霊魂鳥神−姫孔雀」「霊魂鳥神−彦孔雀」の降臨に必要。
(1):レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、
自分の手札・フィールドのモンスターをリリース、
またはリリースの代わりに自分の墓地のスピリットモンスターを除外し、
手札から「霊魂鳥神−姫孔雀」または「霊魂鳥神−彦孔雀」を儀式召喚する。

 レイジング・テンペストで登場した儀式魔法
 通常の儀式召喚の様にリリースする他、墓地スピリットを代用することもできる。

 スピリットは基本的に墓地にあっても再利用が難しく、代用しても損になりにくい。
 手札から《天照大神》《火之迦具土》などレベル8以上の最上級スピリットリリースすることで、2回分のコストにできる。
 ただし、スピリットは能動的に墓地を肥やす手段に長けている訳でもないため、序盤から積極的に墓地コストの代用を狙うのはやや難しい。

 《霊魂鳥神−姫孔雀》《霊魂鳥神−彦孔雀》の両方を軸としたデッキの場合、儀式モンスタースピリットのため手札に戻ってくる。
 儀式魔法であるこのカードが不足しがちになるため、《緊急儀式術》《サイバー・チュチュボン》などで使いまわせるようにしたい。

 対応するモンスターは両方レベル8なので、レベル4のスピリット2体、もしくは先に落とした対応モンスターを使うことになるか。
 ほとんどの下級スピリットレベル4なのでデッキ構築に無理は生じにくい。
 中でも《和魂》リリースすればドロー効果発動でき、ディスアドバンテージを軽減できる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等


Tag: 《霊魂の降神》 魔法 儀式魔法

広告