霊獣(れいじゅう)騎襲(きしゅう)/Ritual Beast Ambush》

通常罠
「霊獣の騎襲」は1ターンに1枚しか発動できない。
(1):自分の墓地のモンスター及び除外されている自分のモンスターの中から、
「霊獣使い」モンスターと「精霊獣」モンスターを
それぞれ1体ずつ対象として発動できる。
対象のモンスターを守備表示で特殊召喚する。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は「霊獣」モンスターしか特殊召喚できない。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場した通常罠
 墓地除外から、霊獣使い精霊獣をそれぞれ1体ずつ特殊召喚する効果を持つ。

 霊獣使い精霊獣専用の完全蘇生帰還カード
 除外墓地の両方から選択でき、これ1枚で2体を特殊召喚できるため、アドバンテージを大きく稼ぐことができる。

 フリーチェーンではあるが、相手ターン融合モンスターに繋ぐには《霊獣の相絆》が必要である等、罠カードの利点を活かしづらい。
 かと言って自分のターン発動すると、各霊獣の持つ特殊召喚回数制限を1回分消耗してしまい、その後の回転力に響いてしまう。
 相手のエンドフェイズ発動し、除去を掻い潜りつつターンの移行で回数を踏み倒すのが最も理想的なタイミングとなる。
 また、2体分のとして守りにも使用でき、場合によっては除外された霊獣破壊させ墓地に移動させる等のコンボの布石にも使用できる。

 発動すると霊獣しか特殊召喚できなくなるデメリットがあるが、霊獣同士の展開力もあり、デメリットとしては一見すると非常に軽い。
 しかし、このカードの真のデメリットは、これ1枚で2体の霊獣1ターンに1度特殊召喚を消費してしまうことにある。
 よってその後の展開の中で絡めることのできる弾が少なくなってしまい、コンボによって稼げるアドバンテージを減らしてしまう危険性が高い。
 除外された霊獣ならば霊獣融合モンスターの分離での特殊召喚にストックしておいた方がよく、無暗な使用は禁物となる。
 通常召喚できる霊獣がいない、墓地霊獣を活用したい、等の必要性を感じる場面でなければ、自分ターンでの発動は避けるのが基本となるだろう。
 よって、特別の理由がなければ、自分ターンではなく直前の相手エンドフェイズ発動しておく形となる。

 《精霊獣使い ウィンダ》は指定されたカテゴリどちらにも含まれるため、2体同時に展開できる。
 また、相手ターンで展開すれば相手破壊された場合の条件を満たし易くなる。

  • 名前こそ《霊獣の騎襲》であるが、上記の点から実際に奇襲を受けているのは霊獣のほうと思われる。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:効果解決時対象に選択したモンスター1体が墓地から存在しなくなった場合や除外されている状態でなくなった場合、もう1体のモンスター特殊召喚されますか?
A:はい、特殊召喚されます。(14/11/14)

Q:効果解決時モンスターゾーンの空きが1つになった場合、対象に選択したモンスター2体のモンスターの内1体は特殊召喚されますか?
A:はい、2体の内1体をどちらかを選んで特殊召喚でき、残りの特殊召喚されなかったのが除外されているモンスターの場合、そのモンスター墓地へ送られます。(14/11/14)


Tag: 《霊獣の騎襲》 通常罠 霊獣

広告