煉獄(れんごく)氾爛(はんらん)/Void Expansion》

フィールド魔法
(1):自分スタンバイフェイズにこの効果を発動できる。
自分フィールドに「インフェルノイドトークン」(悪魔族・炎・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。
(2):「インフェルノイド」モンスターを自身の方法で特殊召喚する場合、
自分フィールドからも「インフェルノイド」モンスターを除外できる。
(3):自分フィールドのレベルが一番高い「インフェルノイド」モンスター以外の
自分の「インフェルノイド」モンスターを、
相手は攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。

 ザ・シークレット・オブ・エボリューションで登場したフィールド魔法
 スタンバイフェイズインフェルノイドトークン特殊召喚する効果インフェルノイド特殊召喚コストフィールドから賄う効果攻撃効果対象からインフェルノイドを守る効果を持つ。

 (1)のインフェルノイドトークン生成効果と(2)の効果により、下級インフェルノイドをノーコスト特殊召喚できる。
 ただし、スタンバイフェイズなので発動してから1ターン待たなければトークンを利用できない。

 (3)の効果インフェルノイド耐性を付けるのだが、特に守りたいのはレベルの高い方のインフェルノイドであるため、噛みあってるとは言い難い。
 また、《インフェルノイド・ネヘモス》《インフェルノイド・リリス》を使うと他のインフェルノイドが出せなくなるため使いどころが難しい。
 あくまで、耐性を付けるのであれば、《煉獄の死徒》の方が何かと便利である。

 インフェルノイド《名推理》など即効性のある墓地肥やしカードも多いため、遅い上に耐性も中途半端なこのカードを使わなくても良い場合が多い。
 ただ、このカード自身にも特殊召喚されるインフェルノイドトークンにも発動条件や使用制限は存在しないので単なるトークン生産カードとして使うこともできる。
 《スライム増殖炉》のようなデメリットもなく、ノーコストで安定してインフェルノイドトークンを供給できるため、幻獣機とは相性がいい。
 特に地縛神においてはこれ1枚で地縛神維持の条件であるフィールド魔法リリースの確保が行える。

 《メタバース》との相性は良く、相手ターンに(3)の効果適用し計算を崩したり、スタンバイフェイズに使うことで相手の予想を外すタイミングでトークンを出したりできる。

  • 「氾濫」とは、主に河川が大雨などによる増水に伴い、堤防からその水が溢れ出ることを指す。
    つまりは概ね洪水のことを示す単語なのだが、このカードの名前は見てわかる通り「氾」であり、何かが漏れ出た結果爛れる、すなわち暗に「炎の海が広がる」ことを示している。
    《クリフォート・アセンブラ》テキストで語られる「炎の洪水」とはこのカードのことを指しているのかもしれない。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:自分フィールドに同じレベルの「インフェルノイドモンスターが2体のみ存在する場合、その2体のモンスター相手攻撃対象にできず、効果対象にもできなくなりますか?
A:いいえ、その場合、2体のモンスターをどちらとも攻撃対象効果対象にできます。(14/11/14)

Q:《禁じられた聖槍》効果適用されたモンスターで、レベルが低い方の「インフェルノイドモンスター攻撃対象にできますか?
A:可能です。(17/03/12)


Tag: 《煉獄の氾爛》 魔法 フィールド魔法 煉獄

広告