連続魔法(れんぞくまほう)/Serial Spell》

速攻魔法
自分の通常魔法発動時に発動する事ができる。
手札を全て墓地に捨てる。
このカードの効果は、その通常魔法の効果と同じになる。

 RISE OF DESTINYで登場した速攻魔法
 自分通常魔法発動した時に手札を全て墓地へ捨てる事で、その通常魔法効果をコピーする。

 発動前に手札カードセットすることでディスアドバンテージを減らせるとは言え、手札を全て捨てる必要がある。
 加えて自分魔法カードに必ずチェーン発動する必要があるため、相手に適当なカード発動されただけで妨害されてしまう。
 また、《真炎の爆発》のように併用する意味が無い魔法カードも多く存在するため、何とコンボするのか構築段階からよく吟味する必要がある。

 似た効果を持つ《マジック・キャプチャー》も存在する。
 あちらは常に手札コスト1枚で済み通常魔法以外も対象にできる、発動タイミングを任意でずらせる利点もあるため使い勝手がどうしても劣ってしまう。
 こちらは速攻魔法なので即座に発動可能な他、発動コスト1ターンに1度しか発動できない制限を無視出来るのが利点。
 狙い目としては大量ドロー手札コストを帳消しに出来る《終わりの始まり》《強欲で貪欲な壺》デッキ融合の条件を満たした《影依融合》辺りだろうか。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:捨てる手札がない場合は発動できますか?
A:いいえ、手札を全て捨てるのが発動コストのため、捨てる手札がない場合は発動できません。

Q:このカード発動する場合、コストのある通常魔法と同じコストを再び払う必要はありますか?
A:いいえ、コスト効果でないため、再び払う必要はありません。
  例えば《死者転生》は、手札捨てることなくモンスターを回収します。(08/03/22)

Q:《マクロコスモス》などで墓地へ送るカード除外される状況でも使用できますか?
A:いいえ、できません。

Q:《突然変異》を複製した場合はどうなりますか?
A:《連続魔法》自身はモンスターリリースしていないため、モンスターレベルを決定できず特殊召喚は出来ません。

Q:《死者蘇生》などの対象を指定する魔法カードを複製した場合はどうなりますか?
A:発動時に対象を選択します。
  また、コスト捨てたモンスター対象とできます。(09/01/16)

Q:《迷える仔羊》チェーンして発動できますか?
A:発動できますが、チェーン1の《迷える仔羊》効果では特殊召喚されません。(14/02/27)

Q:《戦火の残滓》チェーンして発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/04/05)

Q:《無の煉獄》チェーンして発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/04/05)

Q:《終わりの始まり》発動して墓地闇属性モンスターが2体になった場合、チェーンして発動できますか?
A:はい、発動できます。(14/04/05)

Q:《オーバーレイ・リジェネレート》チェーンしてこのカード発動できますか?
A:はい、できます。(15/01/09)

Q:《おとり人形》チェーンしてこのカード発動できますか?
A:はい、発動できます。
  また、このカード発動した場合、《おとり人形》効果適用されますので、発動したこのカードデッキへ戻ります。(15/04/15)

Q:《融合徴兵》チェーンしてこのカード発動しました。
  『このカードの発動後、ターン終了時まで』の効果適用され、このカードの効果手札加えたモンスター通常召喚できませんか?
A:『このカードの発動後、ターン終了時まで自分はこの効果手札加えたモンスター及びその同名モンスター通常召喚特殊召喚できず、そのモンスター効果発動できない』効果適用されるため、チェーン2のこのカードの効果手札加えたモンスターは、このターン通常召喚できません。(16/02/27)


Tag: 《連続魔法》 魔法 速攻魔法

広告