錬金生物(れんきんせいぶつ) ホムンクルス/Homunculus the Alchemic Being》

効果モンスター
星4/光属性/植物族/攻1800/守1600
このモンスターの属性を変更する事ができる。
この効果は1ターンに1度だけ使用する事ができる。

 RISE OF DESTINYで登場した光属性植物族下級モンスター
 1ターンに1度、自身の属性を変更できる起動効果を持つ。

 自身に限定された《幻惑の巻物》内蔵しており、維持することで毎ターン変更できる。
 当然この効果だけではアドバンテージを得ることはできないので、他のカードコンボすることが前提となる。
 主に属性を指定するシンクロ素材エクシーズ素材を用意する場合に使うことになる。
 憑依装着特殊召喚や、E・HEROシャドールでの融合召喚の補助とするのもよい。
 他にも《マスク・チェンジ・セカンド》から状況に合わせたM・HERO特殊召喚が可能。
 自身の効果により、これ1枚で霊術のコスト全てに充てる事もできる。
 闇属性に変更できるので、属性を変更せず《オネスト》を使って戦闘破壊した後、ウイルスカードフィールド手札を荒らすといった芸当もできる。
 相手墓地炎属性風属性地属性のいずれかが存在する場合、このカードと他のモンスターで対応する属性霊使いリンクモンスターリンク召喚することでリンク3まで繋がる。

 このカード植物族なので《ローンファイア・ブロッサム》によるリクルートが容易である。
 墓地へ送られた後も《増草剤》での蘇生《薔薇の刻印》コストにするなどで種族サポートの恩恵を受けやすい。
 また、【植物族】ならレベル調整効果を持つ《コピー・プラント》との併用でシンクロ素材エクシーズ素材として活用できる。
 攻撃力も低くはないのでアタッカーとしても使用できるため意外に使い勝手は良い。

 なお、《伝説の都 アトランティス》適用下では、水属性にすることでレベル3、それ以外ならばレベル4になる。
 《忘却の都 レミューリア》適用下では、水属性が1体のみならばレベル5となる。
 併用は難しいが、毎ターン状況に応じてレベルを変えられるため覚えておいて損は無い。

  • 見た目こそ人間の姿ではあるが、植物族である。
    半裸・粘膜状の液体・目隠し・鎖での拘束とアブノーマルなイラストであり、海外版でイラストが修正されている。
  • コナミのゲーム作品において―
    DUEL TERMINALではアムナエルが使用。
    アニメに一切登場せずアムナエルの除外デッキと相性が良いわけではないが、専用ボイスまで用意されている。

関連カード

―モチーフ関連

収録パック等

FAQ

Q:神属性宣言することはできますか?
A:はい、できます。(09/01/11)

Q:属性を変更した場合、このカードフィールド上で表側表示で存在している限り変更した属性のままですか?
A:はい、そうです。
  裏側表示になったりフィールド上を離れたりした場合は、元の属性に戻ります。

Q:このカード属性闇属性に変更した場合、チューナーとこのカード《ダークエンド・ドラゴン》シンクロ召喚できますか?
A:はい、できます。(08/07/29)

Q:《DNA移植手術》効果光属性宣言されている時に、このカードの効果で他の属性に変更することはできますか?
A:はい、できます。(10/07/16)

Q:このカード《ライトニング・チューン》使用した後、自身のモンスター効果属性光属性以外に変更しました。
  この場合、光属性でなくなったこのカード《ライトニング・チューン》効果適用され続けますか?
A:はい、適用され続けチューナーとして扱います。(08/08/18)

Q:このカードを含む複数の光属性モンスター自分フィールド上に存在し、さらに《御前試合》効果適用されています。
  この場合、このカードの効果で自身の属性光属性以外に変更することはできますか?
A:できますが、属性を変更した後にいずれかの属性モンスター墓地へ送らなければなりません。(08/09/02)

Q:自分モンスターゾーンにこのカードのみが存在し、さらに《御前試合》効果適用されています。
  この場合、このカードの効果で自身の属性地属性に変更した場合、地属性モンスターフィールドに出すことはできますか?
A:はい、できます。
  元々の属性光属性ですが、効果によって地属性として扱っているので問題ありません。(08/09/02)


Tag: 《錬金生物 ホムンクルス》 効果モンスター モンスター 星4 光属性 植物族 攻1800 守1600

広告