六花聖(りっかせい)ティアドロップ》

エクシーズ・効果モンスター
ランク8/水属性/植物族/攻2800/守2800
レベル8モンスター×2
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードのX素材を1つ取り除き、
自分・相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターをリリースする。
このカードが植物族モンスターをX素材としている場合、
この効果は相手ターンでも発動できる。
(2):モンスターがリリースされる度に発動する。
このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースされたモンスターの数×200アップする。

 デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズで登場する水属性植物族エクシーズモンスター
 モンスターリリースする効果リリースの度に自身の攻撃力強化する効果を持つ。
 (1)は植物族エクシーズ素材としている場合、相手ターンでも使用可能になる。

 (1)はフィールドモンスター1体のリリース
 一応、自分聖刻などに使えばコンボにはなるが、それならばボード・アドバンテージを稼げる同ランク《聖刻神龍−エネアード》を使った方が良い。
 基本的には相手モンスター除去として利用すべきだろう。

 植物族エクシーズ素材に持っていればフリーチェーンとなり、制圧にも使えるので有用性は大きく上がる。
 なお、片方を植物族以外にしている場合でも、最初の発動でそれを取り除けば引き続きフリーチェーンであり続けるため、汎用レベル8を利用しても問題ない。
 レベル植物族の方は《ローンファイア・ブロッサム》《アロマセラフィ−ジャスミン》などで特殊召喚したい。
 植物族のみで出すならレベル変更が可能な下級モンスター《コピー・プラント》を使うといい。
 【森羅】では《森羅の姫芽君 スプラウト》デッキトップに仕込んだ上で《森羅の仙樹 レギア》を展開できれば、双方の効果によりエクシーズ召喚の準備が整う。
 変わった方法では、レベルペンデュラムモンスター植物族ペンデュラムモンスターペンデュラムゾーンに置き、《ペンデュラム・エクシーズ》を使うという手もある。

 (2)はリリーストリガーとした自己強化
 (1)を使えばとりあえず200の強化は可能となり、それ以外のリリース手段があれば更なる強化も見込める。
 「モンスターの数」に比例するので、1回に複数体をリリースすればその分だけ強化される。
 この効果に回数制限はないため、《アイルの小剣士》などの無限ループを使用すれば無限に攻撃力を上げることが可能である。

 破壊を伴わない除去とそれに連動する自己強化により、【ランク8】で汎用モンスターとしても利用できる。
 同ランクのライバルとしては墓地へ送る除去が可能な《宵星の機神ディンギルス》デッキバウンスの可能な《森羅の守神 アルセイ》が存在する。
 前者は特殊召喚時に対象を取らず除去ができ、後者はこのカードと同じく対象こそ取るものの相手によってはドローロックも可能となるため出したターン除去性能ではややこちらが劣るか。
 一方、ステータスはこちらの方が高く、(1)(2)のコンボ自分ターンでは3000打点として利用できるため、差別化は十分可能だろう。

  • 「ティアドロップ」は「涙のしずく」を意味するが、イラスト植物族であることを踏まえると、直接の由来はブーケの1種である「ティアドロップブーケ」だろう。
    「涙のしずく」と言う名前の通り、雫が下へ垂れるような形をしたブーケの事である。
  • 六花(りっか)」の読みは「りっか」「りくか」「ろくはな」「ろっか」「むつのはな」など多々あり、雪の異称のことである。
    雪の結晶が六角形であることからこのように呼ばれており、イラストの細部に見える結晶も同様である。

このカードのエクシーズ素材になれるレベル8植物族

効果モンスター

特殊召喚モンスター

融合モンスター

―自身の効果レベル8になれる植物族

収録パック等


Tag: 《六花聖ティアドロップ》 エクシーズモンスター 効果モンスター モンスター ランク8 水属性 植物族 攻2800 守2800

広告