六武衆(ろくぶしゅう)(ことわり)/Cunning of The Six Samurai》

速攻魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
自分または相手の墓地の「六武衆」と名のついたモンスター1体を選択して
自分フィールド上に特殊召喚する。

 GLADIATOR'S ASSAULTで登場した速攻魔法
 自分フィールド上の六武衆コスト墓地六武衆蘇生する。

 このカードの使い方は大きく分けて3つ。

 まず《六武衆推参!》《諸刃の活人剣術》自壊デメリットを回避することができる。
 速攻魔法であるためにチェーン可能であり、相手対象をとる除去コントロール奪取チェーンして使えば事実上ディスアドバンテージなしで蘇生が可能となる。
 また、対象をとるカードだけでなく、対象をとらない効果もいくつか回避することも可能。
 具体的には《奈落の落とし穴》《聖なるバリア −ミラーフォース−》などの「破壊するモンスターに条件がある」カードが該当する。
 ただ、全体除去である《ブラック・ホール》《激流葬》に対処することが出来ないため、破壊に対する防御手段としては不安が残る。
 さらに《六武衆推参!》などとは違いフィールド上のモンスターが増える訳では無いので、《大将軍 紫炎》特殊召喚サポートや六武衆効果使用目的には適さない。
 結論としてはバトルフェイズ中に発動して追撃を食らわせる目的でデッキに投入すると良いだろう。

 《六武衆の結束》と相性が良い。
 手札六武衆召喚し、《六武衆の理》を使えばすぐに武士道カウンターが貯められ、擬似的に2枚の手札交換をすることができる。
 《六武衆−ヤイチ》《六武衆−カモン》を組み合わせることでアドバンテージを取ることも可能。
 ただし、《マクロコスモス》《閃光の追放者》が存在すると使えない点には要注意。

 コストとして墓地へ送った六武衆特殊召喚できる。
 《六武衆−ニサシ》ならば4回連続攻撃もできる。
 相手魔法・罠カード《六武衆−ヤイチ》《六武衆−カモン》で1ターンに2枚破壊する事も可能。
 珍しい使い方としては《スキルドレイン》適用中に《六武衆−カモン》効果発動し、このカードチェーンして《六武衆−カモン》墓地に送れば《スキルドレイン》破壊することも出来る。
 ちなみに相手墓地六武衆特殊召喚できる。
 憶えておくとミラーマッチで役に立つことがあるかもしれない。

 その用途は意外なほどに広く、デッキに何枚か入れておくとかなりトリッキーな動きが出来るようになるだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等

FAQ

Q:相手墓地に存在する「六武衆」と名のついたモンスター1体を自分フィールド上に特殊召喚する事は可能ですか?
A:はい、可能です。(07/07/28)

Q:自分相手のどちらかの墓地に「六武衆」と名のつくモンスターが1体以上存在する時にこのカード発動し、発動時に墓地に送った六武衆」と名のつくモンスター特殊召喚する事は可能ですか?
A:はい、可能です。(07/08/02)

Q:自分相手のどちらの墓地にも「六武衆」と名のつくモンスターが1体も存在しない時にこのカード発動し、発動時に墓地に送った六武衆」と名のつくモンスター特殊召喚する事は可能ですか?
A:いいえ、発動自体できません。(07/08/02)

Q:相手墓地カードは存在せず、自分墓地《六武衆の師範》1体のみが存在します。
  この時、自分自分フィールド上に存在する《六武衆の師範》コストにこのカード発動することはできますか?
A:いいえ、発動自体できません。(10/11/12)


Tag: 《六武衆の理》 魔法 速攻魔法

広告