六武衆(ろくぶしゅう)露払(つゆはら)い/Hand of the Six Samurai》

効果モンスター
星3/炎属性/戦士族/攻1600/守1000
自分フィールド上にこのカード以外の「六武衆」と名のついたモンスターが
表側表示で存在する場合に発動する事ができる。
自分フィールド上に存在する
「六武衆」と名のついたモンスター1体をリリースする事で、
フィールド上に存在するモンスター1体を破壊する。

 EXTRA PACK Volume 2で登場した炎属性戦士族下級モンスター
 フィールド上のモンスター破壊する起動効果を持つ。

 このカード自身が「六武衆」の名を持つので、このカード以外の六武衆がいれば、自身をリリースしてすぐに効果発動できる。
 実質的に六武衆版の《ならず者傭兵部隊》として使用できるカードである。
 しかしそれだけなら《ならず者傭兵部隊》の方が汎用性は高い。
 他の六武衆リリースできる点、自身も六武衆であり《紫炎の足軽》《紫炎の狼煙》や各種蘇生カード等の専用サポートカードに対応しているメリットを活用していきたい。
 ただし、自身の効果で展開した六武衆を減らしてしまう上、このカード自身は身代わり効果を持たない。
 下級六武衆では及第点の攻撃力を持つが、さほど安心できる値ではないので過信はしないようにしたい。

 効果発動回数に制限がないので、六武衆の豊富な蘇生カードを活かして1ターン相手モンスターを一掃することが可能。
 その際のリリース要員も《六武衆推参!》《諸刃の活人剣術》デメリット破壊の確定している六武衆リリースすればディスアドバンテージを軽減できる。
 状況に応じて効果発動し、攻撃できない《六武衆−カモン》《六武衆−ヤイチ》リリースするのも良い。
 また、《六武衆−カモン》《六武衆−ヤイチ》と違い、効果使用後も攻撃に参加できるのも強み。
 【六武衆】と相性の良い《一族の結束》を採用しているなら、攻撃力2400のアタッカーになる。

 《六武の門》《六武衆の師範》または《真六武衆−キザン》を組み合わせる事で無限ループができる。
 手順は以下の通り。

  1. 《六武の門》武士道カウンター置くことができるカード2枚の計3枚を場に揃える。
  2. このカード召喚し、武士道カウンターを計4つ置く
  3. 《六武の門》効果発動し、《六武衆の師範》または《真六武衆−キザン》デッキ墓地から手札加える
  4. 《六武衆の師範》または《真六武衆−キザン》特殊召喚し、武士道カウンターを計4つ置く。
  5. このカードの効果発動し、《六武衆の師範》または《真六武衆−キザン》リリースしてモンスター1体を破壊する。
  6. 3.に戻る。

 相手モンスターを一掃してから《六武の門》効果発動特殊召喚の繰り返しで《六武衆の師範》《真六武衆−キザン》3枚をフィールドに揃えればこのカードと合わせて合計攻撃力10000となる。
 または、《六武衆の師範》《真六武衆−キザン》2枚にこのカード《六武の門》攻撃力上昇効果で合計攻撃力8900となり、こちらでも1ターンキルが可能。
 《六武式三段衝》などで相手魔法&罠カードゾーンも一掃しておけばより確実に攻撃を通すことができるだろう。
 《六武衆の師範》《真六武衆−キザン》の枚数が不足しているなら、《六武衆推参!》《諸刃の活人剣術》モンスターを揃えればいい。
 だが、《究極・背水の陣》を使う場合は、《トラゴエディア》《冥府の使者ゴーズ》《バトルフェーダー》などで攻撃を止められて相手ターンが回ると、そのままゲームエンドに持っていかれる可能性が高いため十分な注意が必要。

  • 「露払い」とは身分や地位の高い者を先導して道を開く役割を持つ人の事である。
    なお、「つゆらい」ではなく「つゆらい」なので、宣言には注意しよう。
  • 夫の死後に出家した、という点を考慮すると、モチーフは夫である源頼朝の死後に出家し「尼将軍」と呼ばれた北条政子か。

関連カード

リリースによる除去効果を持つものは《ならず者傭兵部隊》を参照。

―《六武衆の露払い》の姿が見られるカード

収録パック等

FAQ

Q:六武衆と名のついたモンスターリリースするのはコストですか?
A:六武衆と名のついたモンスターコストリリースし、対象をとる起動効果です。(09/10/01)

Q:裏側表示六武衆と名のついたモンスターリリースして発動できますか?
A:はい、できます。(09/10/08)


Tag: 《六武衆の露払い》 効果モンスター モンスター 星3 炎属性 戦士族 攻1600 守1000 六武衆

広告