惑星探査車(プラネット・パスファインダー)/Planet Pathfinder》

効果モンスター
星4/地属性/機械族/攻1000/守1000
(1):このカードをリリースして発動できる。
デッキからフィールド魔法カード1枚を手札に加える。

 ABYSS RISINGで登場した地属性機械族下級モンスター
 自身をリリースしてフィールド魔法サーチする起動効果を持つ。

 その効果《テラ・フォーミング》そのものであるが、発動するにはフィールドに出した上でリリースしなければいけない。
 召喚特殊召喚を行う手間が必要であり、さらに《激流葬》《神の警告》等で妨害されるリスクも負う。
 基本的には《テラ・フォーミング》で十分であり、《テラ・フォーミング》が不足する場合に採用を検討するカードである。

 フィールド魔法デッキに残っていない場合には各種素材にすることができるのは、《テラ・フォーミング》には無い利点である。
 ステータスが低いので、《召喚僧サモンプリースト》《機甲部隊の最前線》特殊召喚手段にも恵まれている。
 《ブラック・ガーデン》等で攻撃力を半分の500以下にすることができれば《機械複製術》によって複数をフィールドに並べることも可能。
 また、《スクラップ・リサイクラー》《ギアギアングラー》に対応するため、その点を活かしたい。
 フィールド魔法《転回操車》キーカードにする【列車】では種族属性サポートが噛み合うため採用候補になる。
 サーチできない場合でも機械族ランクエクシーズ素材《マシンナーズ・フォートレス》手札コストに活用してやれば手札腐らずに済む。

  • 「惑星探査車」とは、主に地球以外の宇宙に存在する天体を探査する目的で宇宙に放出された無人探査機の一つである。
    惑星や衛星表面の物質や地形を調査するため、そこに長期間滞在する。
    イラストの赤茶色の大地を見るに、火星を調査しているようである。
  • 作中やゲーム作品を含めても、Vがフィールド魔法を採用している描写は見られない。

関連カード

―《惑星探査車》の姿が見られるカード

収録パック等


Tag: 《惑星探査車》 効果モンスター モンスター 星4 地属性 機械族 攻1000 守1000

広告