孵化(ふか)/Insect Imitation》

通常魔法
自分フィールド上のモンスター1体をリリースして発動する。
リリースしたモンスターよりレベルが1つ高い
昆虫族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 Thousand Eyes Bible −千眼の魔術書−で登場した通常魔法
 リリースコストとした自分フィールドモンスターより1レベル高い昆虫族リクルートする効果を持つ。

 昆虫族限定のリクルート効果であるが、コストとしてリリースするモンスター種族を問わない。
 主軸とする昆虫族より1レベル低いモンスターを多く採用したり、各レベル昆虫族を満遍なく投入したりすることで発動しやすくなる。
 《ミレニアム・スコーピオン》《ヴァリュアブル・アーマー》といったレベル5の上級モンスターは、レベル4の下級モンスターリリースして即座にリクルートできるので腐りにくくなる。

 コントロール奪取妥協召喚したモンスター最上級モンスター特殊召喚も狙える。
 効果の兼ね合いから《アルティメット・インセクト LV3》とそれを展開するリクルーターを投入しにくい【アルティメット王虎】では、召喚方法をこれと《代打バッター》のみとする事で下級モンスターの幅が広がる。
 しかし、特殊召喚するモンスターデッキからに限定されるため、上級モンスターの投入枚数には注意。
 手札に来たモンスター《カードトレーダー》などで対処したい。
 また、シンクロモンスターリリースする方法も有効で、デッキに投入しにくいレベルモンスターコストにする事ができる上、デッキに入れる上級モンスターの比率を下げる事で手札事故を減らせる。
 シンクロ召喚時にのみ効果発動する《ミスト・ウォーム》除去を行った後、《地縛神 Uru》特殊召喚するといった芸当も可能。

 現在の最も有力な使い途は、【甲虫装機】レベルモンスターリリースし、制限カードキーカードである《甲虫装機 ダンセル》リクルートする事だろう。
 《甲虫装機 グルフ》リリースして《甲虫装機 ダンセル》を呼び、《甲虫装機 ダンセル》効果《甲虫装機 グルフ》を装備するという流れができれば理想的。
 状況によっては《カードカー・D》などをリリースするのもよい。

  • イラストの卵も、それを入れられている巣も、どう見ても鳥のものにしか見えない。
    リリースする種族を問わない事を考えると、昆虫の卵に寄生し「孵化」すると解釈できなくもないが厳しい。
    昆虫のサポートカードらしくするならば、昆虫の蛹が成虫になる事を指す「羽化」の方がそれらしいと言える。
  • 原作・アニメにおいて―
    アニメZEXALの「遊馬vsゴーシュ&ドロワ」戦においてドロワの手札に確認できる。
    一見違和感はないが、ドロワの使用したモンスター昆虫族《月光蝶》を含めて全てレベル4なので、使い道がない。

関連カード

特殊召喚可能な各レベルの昆虫族上級モンスター

レベル

レベル

レベル

レベル

レベル10

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:カードの効果レベルの変化したモンスターコストにした場合、元々のレベルと変化した後のレベルのどちらを参照しますか?
A:変化した後のレベルを参照します。(13/05/09)

Q:裏側表示モンスターコストにできますか?
A:はい、できます。(14/10/29)

Q:裏側表示モンスターコストにした場合、特殊召喚できるモンスターレベルはいくつになりますか?
A:リリースしたモンスターカード記載のレベル+1となります。(14/10/30)

Q:エクシーズモンスターコストにできますか?
A:いいえ、できません。(14/10/30)

Q:何らかのカードの効果レベル9となった表側表示地縛神コストとし、《地縛神 Uru》デッキから特殊召喚できますか?
A:デッキ内に「特殊召喚可能な地縛神以外のレベル10昆虫族モンスター」が存在するならば、発動できます。
 ただし、現在はOCGに該当するモンスターが存在しないため、発動できません。(14/10/29)
 なお、地縛神以外に特殊召喚できるモンスターデッキ内にあるかどうかを対戦相手確認したいと申し出たならば、応じる必要があります。(13/04/22)

広告