憑依装着(ひょういそうちゃく)−エリア/Familiar-Possessed - Eria》

効果モンスター
星4/水属性/魔法使い族/攻1850/守1500
自分フィールド上の「水霊使いエリア」1体と
水属性モンスター1体を墓地に送る事で、
手札またはデッキから特殊召喚する事ができる。
この方法で特殊召喚に成功した場合、以下の効果を得る。
このカードが守備表示モンスターを攻撃した時、
その守備力を攻撃力が越えていれば、
その数値だけ相手ライフに戦闘ダメージを与える。

 ELEMENTAL ENERGYで登場した水属性魔法使い族下級モンスター
 自身を手札またはデッキから特殊召喚する召喚ルール効果を持ち、この方法で特殊召喚された時に貫通永続効果を得る。

 下級アタッカーとしてはそこそこのステータスを持つが、水属性アタッカーにはより攻撃力の高い《ライオ・アリゲーター》《アトランティスの戦士》といったモンスターが存在する。
 貫通を備えるがこれを活かせる程に攻撃力は高くなく、戦闘補助を前提とした場合でも《ウミノタウルス》を用いるほうが安定性で優る。
 そのため、このカードを採用するならば、他の憑依装着と同じく魔法使い族である事を活かしたい。

 通常召喚できる水属性魔法使い族下級モンスターの中では最も攻撃力が高い。
 また他のカードには扱い辛いものも多く、安定したアタッカーになれるのはこのカードくらいである。
 そのため、《アーカナイト・マジシャン》《氷結界の龍 グングニール》を併用するようなデッキであれば採用候補となる。
 ただ、上記の通り水属性魔法使い族自体に安定性のあるものが少なく、このカードも主力とするには僅かに攻撃力不足のため、それらのデッキに何も考えず採用できる訳ではない。
 《氷結界の龍 グングニール》自体が展開に加えて手札を消費するモンスターであるため、《サルベージ》に対応し、になる《アクア・マドール》《デュアル・サモナー》といったカードも考慮される事になる。
 また、【リチュア】【氷結界】では多少ステータスが低くとも自身のカテゴリに含まれるモンスターが優先される。
 魔法使い族には実用的な攻撃力を上げるカードも多く、そういったものやエクストラデッキの余裕等を考えた上で採用を検討する事になるだろう。

 明確な役割を期待するのであれば、《水霊使いエリア》を使い、貫通効果を得られる構築にしたい。
 特殊召喚する場合に《黄泉ガエル》《粋カエル》コストにする、コストにしたモンスター《サルベージ》で回収する、などの策を打てるため、他の憑依装着と比べるとディスアドバンテージを軽減しやすい。
 また、《ハンマー・シャーク》を使用すれば即座に特殊召喚ができる。
 とはいえコントロール奪取が行いにくい属性でもあるため、貫通を目的とするには非力。
 《強制転移》などの無理なく併用できるものとのコンボも意識しておきたい。

 また、特殊召喚後も《アイスバーン》の存在から貫通効果を比較的活かしやすい。
 表示形式変更は《水霊使いエリア》を守るためにも有効なので、このカードを中心としたデッキなら投入してもよいだろう。

関連カード

イラスト関連

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

広告