攪乱作戦(かくらんさくせん)/Disturbance Strategy》

通常罠
相手は手札をデッキに加えてシャッフルした後、
元の手札の数だけデッキからカードをドローする。

 新たなる支配者で登場した通常罠
 相手版の《リロード》であるがこちらは通常罠である。

 相手サーチサルベージした後に発動すれば無意味にできる。
 また、複数枚のカードを利用するコンボの起点となるカード相手発動した時に使用すれば、手札交換の強要により思惑を崩せる可能性がある。
 《融合》儀式魔法チェーンすれば、素材が手札に無くなり不発にできる可能性も増える。
 《便乗》トリガーにしたり、《グリード》ウイルスカードによるバーン手札破壊にも使える。
 また、このカードチェーンして《リビングデッドの呼び声》等で《神殿を守る者》蘇生させれば相手手札を0にできる。

 上記のように利点は見出しやすいのだが、あくまで相手に依存しやすい効果で、単体ではディスアドバンテージとなる。
 相手手札が少ない時や、相手【インフェルニティ】のような特殊なデッキであった時は、思ったような効果を発揮できない事が多い。
 また手札交換をさせたが故に、逆に相手手札を充実させる可能性も十分にある。
 相手コンボを妨害するにしても、内容が分かっているのなら《マインドクラッシュ》ハンデスした方が確実である。
 考え無しに採用してもそちらに劣ることが多いので、上記の《便乗》ウイルスカード等と併用する等、明確なメリットがある場合に採用したい。

関連カード

このカードを使用する代表的なデッキ

収録パック等

FAQ

Q:このカードの発動チェーンして《無効》発動した場合、相手手札を全て捨てる事になりますか?
A:《無効》は、ドロー効果しか持たないカードに対してのみ発動できます。
  よって、このカードの発動にはチェーンできません。


Tag: 《攪乱作戦》 通常罠

広告