煌々(こうこう)たる逆転(ぎゃくてん)女神(めがみ)/Goddess of Sweet Revenge》

効果モンスター
星6/光属性/天使族/攻1800/守2000
(1):自分フィールドにカードが存在せず、
自分の手札がこのカード1枚のみの場合、
相手モンスターの攻撃宣言時にこのカードを手札から捨てて発動できる。
相手フィールドのカードを全て破壊する。
その後、自分はデッキからモンスター1体を特殊召喚できる。

 EXTRA PACK 2018で登場した光属性天使族上級モンスター
 相手カードを全て破壊し、その後任意のモンスター1体をリクルートできる誘発効果を持つ。

 相手の優位な状況を一気に崩す効果を持つが、その発動条件は非常に厳しい。
 フィールドのカード除去される機会は多いとはいえ、手札発動条件を満たせないカードが溜まってしまえばそれだけで発動は困難になる。
 発動条件のないカード中心で組むにしても、このカードのみが残る状況というのはそうそうない。
 消耗の激しい【フルバーン】であれば《星因士 シャム》リクルートしてバーンを行いつつ防御といったことも可能ではあるが、《無の煉獄》《命削りの宝札》アンチシナジーであり、またそのような苦境に陥って焼ききれるかどうかも微妙。
 《妖精伝姫−シラユキ》で他のカード除外すれば一応発動しやすくなる。

 発動に成功すれば全体除去が行え、その後ステータス等の制限なくリクルートが行える。
 ただ、破壊耐性を持っていたり、破壊された場合をトリガーとするモンスターも多いため過信はできない。
 また、任意のモンスター1体をリクルートできるとはいえ、自分手札及び魔法&罠ゾーンが0枚の状態で戦わなければならず、ピンチである事には変わりはない。
 効果処理後は相手手札はそのままで相手メインフェイズ2が待っており、発動しただけで即優位に自分ターンを迎えられるとは限らないのがネックである。

 《E・HERO バブルマン》リクルートすれば、あちらの効果により手札を補充できる。
 ただし、リクルート先のステータスを問わないという強みと引き替えになり、ハイリスクである。
 積極的に狙うというよりは、選択肢の1つ程度と考えておきたい。

  • 英語名の「Sweet Revenge」は「胸のすく(痛快な)復讐」というようなニュアンスになる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《煌々たる逆転の女神》 モンスター 効果モンスター 星6 光属性 天使族 攻1800 守2000

広告