燎星(りょうせい)のプロメテオロン》

効果モンスター
星8/炎属性/機械族/攻2800/守2000
(1):このカードの攻撃でメインモンスターゾーンの相手モンスターを破壊した時、
手札を1枚捨てて発動できる。
このカードは続けて攻撃できる。
次のターンの終了時まで、そのモンスターが存在していたゾーンは使用できない。

 CHAOS IMPACTで登場した炎属性機械族最上級モンスター
 モンスター破壊した時に手札コストを払うことで連続攻撃でき、相手メインモンスターゾーンを封じる誘発効果を持つ。

 高い攻撃力連続攻撃効果を持ち、さらに破壊したモンスターゾーンを封じるので相手モンスターの一掃と返しの反撃の芽を摘むのに向いている。
 機械族ゆえに《リミッター解除》に対応しており、適用されれば1ターンキルも難しくない。
 エクストラモンスターゾーン相手には発動できないが、最後の攻撃の的にすれば問題はない。

 運用上の課題においては最上級モンスターのこのカードをどのように出すかということと、その後の手札コストの賄い方だろう。
 手っ取り早いのは《死皇帝の陵墓》であり、手札1枚とライフコストで出せる。
 《冥界の宝札》とも相性がよく、手札コストの分を稼げるので【冥界軸最上級多用】に入れてみるのも面白い。
 特殊召喚にも縛りはないので、《鎖龍蛇−スカルデット》などの汎用特殊召喚手段を用いると比較的楽か。

  • カード名の「燎星(りょうせい)」は、造語と思われる。
    「火が燃え広がる」という意味がある「燎」を「流星」と掛けて、燃えた流星を意味するのだろう。
    「プロメテオロン」はプロメテウスメテオを合わせたものか。
  • イラストをよく見ると、体の中に人工衛星のようなものがあるのが確認できる。
    炎族のような見た目であるが機械族なのはこれが理由であると考えられる。

関連カード

収録パック等


Tag: 《燎星のプロメテオロン》 効果モンスター モンスター 星8 炎属性 機械族 攻2800 守2000

広告