眷現(けんげん)呪眼(じゅがん)

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドに「呪眼の眷属トークン」(悪魔族・闇・星1・攻/守400)1体を特殊召喚する。
自分の魔法&罠ゾーンに「セレンの呪眼」が存在する場合、
この効果で特殊召喚する数を2体にできる。
このカードの発動後、ターン終了時まで自分は悪魔族モンスターしか特殊召喚できない。
(2):墓地のこのカードを除外して発動できる。
このターン、自分フィールドの「呪眼」魔法・罠カードは相手の効果の対象にならない。

 ETERNITY CODEで登場した通常魔法
 呪眼の眷属トークンを1体、《セレンの呪眼》魔法&罠ゾーンに存在する場合には2体特殊召喚する効果墓地のこのカード除外して、自分フィールド呪眼魔法・罠カード相手効果の対象にならない耐性を付与する効果を持つ。

 呪眼カードであり、《呪眼の死徒 サリエル》サーチ《呪眼の死徒 メドゥサ》サルベージなどに対応する。
 特に後者は1ターン目などではサルベージ先自体が存在しない場合も多いため、初動で使えるこのカードサルベージする機会も多いだろう。

 (1)は呪眼の眷属トークンを生成する効果
 《セレンの呪眼》が存在する場合には、2体生成することができる。
 生成する呪眼の眷属トークン呪眼モンスターであるため、呪眼リンクモンスターリンク素材に適する。
 特にリンク召喚自体が難しかった《呪眼の王 ザラキエル》リンク召喚難易度を大きく緩和できる。

 発動後は悪魔族モンスターしか特殊召喚できなくなるため、【呪眼】でも汎用モンスターとの兼ね合いは考慮したい。
 なお1体生成するだけのトークン生成カードとしては、【悪魔族】でも特に制限の存在しない《デビルズ・サンクチュアリ》を使うべきだろう。

 (2)は自分フィールド呪眼魔法・罠カード効果の対象にならない耐性を与える効果
 あって困る効果ではないが、先打ちしておく必要があり、自分ターンにしか発動できないため使い所は難しい。
 《呪眼の死徒 メドゥサ》サルベージを考える場合には使わなくてもよいだろう。

  • 眷現(けんげん)」は、はっきりと姿を現すことを意味する「顕現(けんげん)」に「眷属が現れる」を重ねた造語である。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


Tag: 《眷現の呪眼》 魔法 通常魔法 呪眼

広告