《Barricadeborg Blocker》

Link/Effect
LINK2/DARK/Machine/ATK1000
【Link Arrows:左/下】
2 monsters with different names
If this card is Link Summoned: You can discard 1 card;
during the End Phase of this turn, add 1 Continuous or Field Spell from your GY to your hand.
You can only use this effect of "Barricadeborg Blocker" once per turn.
Face-up Spells you control cannot be destroyed by your opponent's card effects.
日本語訳
リンク・効果モンスター
リンク2/闇属性/機械族/攻1000
【リンクマーカー:左/下】
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
このターンのエンドフェイズに、
自分の墓地から永続魔法・フィールド魔法カード1枚を選んで手札に加える。
(2):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、
自分フィールドの表側表示の魔法カードは相手の効果では破壊されない。

 TCGRising Rampageで登場した闇属性機械族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した場合に手札コストを払い、そのターンエンドフェイズ永続魔法フィールド魔法サルベージする効果表側表示魔法カード破壊耐性を与える効果を持つ。

 (1)は永続魔法フィールド魔法サルベージ
 再利用手段の少ない魔法カードの回収手段となるが、タイミングがエンドフェイズなので使えるのは次のターンからとなる。
 相手も加えたカードが分かっているため、次のターンで対策されるか勝負を決めにくる可能性がある。
 《EMスカイ・マジシャン》《雨天気ラズラ》などは相手ターン永続魔法を使用できるため、これらを併用するなら自分ターンで回収する意味もある。
 《ヒステリック・サイン》なら手札コストにすることでサーチ効果を使用しつつ、エンドフェイズサルベージできる。

 《星遺物からの目醒め》《I:Pマスカレーナ》相手ターンでのリンク召喚ができればそういった危険性を減らすこともできる。

 (2)は表側表示魔法カードへの耐性付与。
 永続魔法フィールド魔法を軸とするデッキでは除去される危険性を減らすことができ、これらは性質上手札へのバウンスにも強い。
 ただ、肝心のこのカードステータスが低いのであくまでも除去の誘導と見るのがいい。
 1ターンに1度ではあるが戦闘破壊耐性を付与でき、ステータスを上昇することができる《鋼鉄の襲撃者》とは相互に耐性を付与できる点で相性がいい。
 また、除外にも弱いのは注意。

 素材指定は他の機械族リンクモンスターと比べて緩く、機械族が少ないデッキ機械族縛りのあるモンスター特殊召喚につなぐ用途も考えられる。
 リンク素材としては《水晶機巧−ハリファイバー》機械族チューナーリクルートすれば機械族縛りリンク2やリンク3につなげられるため、あちらに一歩劣る。
 一方で、【起爆獣ヴァルカノン】においてはメインデッキ内の炎族モンスターの比率を高めつつリンク召喚が可能であり、《融合再生機構》《フュージョン・ゲート》の回収も可能と《水晶機巧−ハリファイバー》にはできない動きが可能。
 《水晶機巧−ハリファイバー》炎族チューナーリクルートして融合素材を揃えることができるため、併用も検討できる。

  • カード名の「barricade/バリケード」は「防塞」を意味する。
    「borg/ボーグ」は「特殊な環境で戦闘体勢をとるように改造された体」・「改造人間」を意味する「cyborg/サイボーグ」の略称である。

関連カード

収録パック等


広告