《-/Contact Gate》

Normal Spell
Banish 2 "Neo-Spacian" monsters with different names from your GY;
Special Summon 2 "Neo-Spacian" monsters with different names from your hand, Deck, and/or GY,
also, for the rest of this turn you cannot Special Summon monsters from the Extra Deck, except Fusion Monsters.
If a face-up Fusion Monster that lists "Elemental HERO Neos" as material returns from your field to the Extra Deck:
You can banish this card from your GY;
Special Summon 1 of your banished "Neo-Spacian" monsters.
You can only activate 1 "Contact Gate" per turn.
日本語訳
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):カード名が異なる「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を自分の墓地から除外して発動できる。
自分の手札・デッキ・墓地からカード名が異なる「N(ネオスペーシアン)」モンスター2体を特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):「E・HERO ネオス」を融合素材とする融合モンスターがフィールドからEXデッキに戻った場合、
墓地のこのカードを除外して発動できる。
除外されている自分の「N(ネオスペーシアン)」モンスター1体を選んで特殊召喚する。

 TCGCybernetic Horizonで登場した通常魔法
 ネオスペーシアン2種類を特殊召喚する効果、特定の融合モンスターエクストラデッキに戻った場合に除外されているネオスペーシアン帰還させる効果を持つ。

 (1)はネオスペーシアン2種類を特殊召喚する効果
 コストとして墓地ネオスペーシアン2種類を除外する必要がある。
 《コンバート・コンタクト》なら1枚で準備ができる他、ネオスペーシアンレベル3で《彼岸の黒天使 ケルビーニ》リンク召喚し、さらにネオスペーシアン墓地へ送るのも手。
 《E・HERO プリズマー》も相性が良い。
 ただ、【コンタクト融合】の主軸になる《ミラクル・コンタクト》とは墓地リソースの奪い合いになる。

 発動したターン融合モンスター以外をエクストラデッキから特殊召喚できない制約が残るが、《E・HERO ネオス》を用意すればコンタクト融合も狙える。
 ただ、コンタクト融合だけが狙いなら《ミラクル・コンタクト》のほうが扱いやすいので、それ以外の利点も見出したい。
 特殊召喚したネオスペーシアン効果を使えるので、《N・グラン・モール》を出してバウンスするといった動きを狙える。
 他にも《スペーシア・ギフト》で2枚ドローが狙える。

 (2)は《E・HERO ネオス》融合素材とする融合モンスターエクストラデッキに戻った際に除外されたネオスペーシアン帰還させる効果
 コンタクト融合体が持つエクストラデッキに戻るデメリットトリガーになるが、ネオスペーシアン1体のみでは相手ターンに備えるのは難しい。
 《コンタクト・アウト》などでエクストラデッキに戻した場合など、なるべくメインフェイズバトルフェイズ中にトリガーとしたい。
 除外手段には(1)の効果の他、《N・ブラック・パンサー》に対応する《闇の誘惑》も良いだろう。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


広告