《-/Danger! Bigfoot!》

Effect
LV8/DARK/Beast/ATK3000/DEF   0
You can reveal this card in your hand;
your opponent randomly chooses 1 card from your entire hand,
then you discard the chosen card.
Then, if the discarded card was not "Danger! Bigfoot!",
Special Summon 1 "Danger! Bigfoot!" from your hand,
and if you do, draw 1 card.
If this card is discarded:
you can target 1 face-up card your opponent controls;
destroy it.
You can only use this effect of "Danger! Bigfoot!" once per turn.
日本語訳
星8/闇属性/獣族/攻3000/守   0
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
この効果で捨てたカードが「Danger! Bigfoot!」以外だった場合、
手札から「Danger! Bigfoot!」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合、
相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

 TCGCybernetic Horizonで登場した闇属性獣族最上級モンスター
 Danger!共通の特殊召喚効果捨てられた場合に相手フィールド表側表示カード破壊する効果を持つ。

 (1)はDanger!共通の特殊召喚効果
 相手がこちらの手札を捨て、そのモンスター効果発動した同名カードでなければそのモンスター特殊召喚してドローをする。
 成功すればドローを行えるため、損失を減らすことができる。
 失敗した場合でもDanger!モンスター捨てられた際に効果発動するため、ディスアドバンテージになりにくい。
 ただし、特殊召喚には運が絡み、狙ったタイミングで自身が特殊召喚できない場合がある。
 同名カード手札に来たり、手札が減る終盤になるほど特殊召喚できる確率が減るためこの効果を過信しすぎないようにしたい。
 墓地へ捨てられた効果を持つ暗黒界とは属性サポートを共有でき、魔轟神とは(2)の効果のためのサポートカードを共有できるため相性がいい。

 (2)はDanger!共通の捨てられた際の効果
 この効果は(1)の効果だけでなく、コスト捨てられた際にも発動できる。
 暗黒界魔轟神と違って《マクロコスモス》等の無差別除外が適用されている状態でも問題ない。
 基本的にはDanger!モンスターの(1)の効果の保険と見て、要所で他のカード捨てにいく、というプレイングになるだろう。

 このカードの固有効果相手表側表示カード破壊
 範囲が広く、罠カードコストとして捨てることで相手ターンに邪魔をすることができる。
 一方で先攻ターン目等相手カードがない状態でDanger!効果でこのカードを引き当ててしまうと効果発動できなくなる。
 便利な効果だが良くも悪くも相手依存の効果であり、複数枚採用してしまうと自身の(1)の効果同名カードを引き当ててしまう可能性もある。

 攻撃力が高いため、自身の効果特殊召喚アタッカーとして活用するのが基本となるだろう。
 《Danger! Chupacabra!》効果蘇生したり、《Realm of Danger!》直接攻撃を付与するのもいい。
 一方、守備力は0なため《Danger!? Jackalope?》守備表示でのリクルートとは相性が悪い。

 《闇の誘惑》《トレード・イン》《Danger! Zone》と複数の手札交換に対応する。
 自身の効果特殊召喚した場合、《アドバンスドロー》発動することで3枚もの手札交換をすることができる。
 《悪夢再び》に対応しており、これらを併用することで繰り返し手札交換することも考えらえる。

  • 「ビッグフット(Bigfoot)」は、アメリカ・カナダにまたがるロッキー山脈付近に生息すると言われる未確認生物の一種。
    大きな足、というよりは全体的に巨大な類人猿のような姿で想像されている。
    また、「ホモ・サピエンス」ではない古代の人類の生き残りであるという説もある。

関連カード

―《Danger! Bigfoot!》の姿が見られるカード

収録パック等


広告