《-/Danger! Dogman!》

Effect
LV7/DARK/Beast-Warrior/ATK2400/DEF1000
You can reveal this card in your hand;
your opponent randomly chooses 1 card from your entire hand,
then you discard the chosen card.
Then, if the discarded card was not "Danger! Dogman!",
Special Summon 1 "Danger! Dogman!" from your hand, and if you do, draw 1 card.
If this card is discarded: You can have all face-up monsters
your opponent currently controls lose 1000 ATK until the end of this turn.
You can only use this effect of "Danger! Dogman!" once per turn.
日本語訳
効果モンスター
星7/闇属性/獣戦士族/攻2400/守1000
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):手札のこのカードを相手に見せて発動できる。
相手は自分の手札をランダムに1枚選んで捨てる。
この効果で捨てたカードが「Danger! Dogman!」以外だった場合、
手札から「Danger! Dogman!」1体を特殊召喚し、自分はデッキから1枚ドローする。
(2):このカードが手札から捨てられた場合に発動できる。
相手フィールドの全ての表側表示モンスターの攻撃力はターン終了時まで1000ダウンする。

 TCGSoul Fusionで登場した闇属性獣戦士族最上級モンスター
 Danger!共通の特殊召喚効果捨てられた場合に相手フィールドモンスター攻撃力をダウンする効果を持つ。

 (1)(2)の効果《Danger! Bigfoot!》を参照。

 固有の効果相手モンスター全体弱体化
 (1)の特殊召喚の際に捨てられることで多くの戦闘ダメージを期待できるようになる。
 弱体化の数値は大きく、複数のDanger!を展開できたならばゲームエンドに持っていくことも不可能ではない。
 相手ターンに捨てれば戦闘ダメージを減らすといった動きもできる。
 一方で直接攻撃を付与する《Realm of Danger!》との相性はあまり良くない。

  • モチーフはアメリカのミシガン州に伝わる未確認生物「ドッグマン」だろう。
    本来は地元のラジオDJがエイプリルフールのネタとして創作した話だったのだが、ラジオでその話を流した後に「本当に見たことがある」との話が相次いで発生したという、変わった経緯を持つ未確認生物である。

関連カード

収録パック等


広告