《-/F.A. Test Run》

Quick-Play Spell
Target 1 “F.A.” monster you control;
change its battle position, then, destroy 1 card on the field.
During your Main Phase, except the turn this card was sent to the GY:
You can banish this card from your GY, then target 1 face-up card you control;
destroy it, and if you do, Special Summon 1 “F.A.” monster from your Deck.
You can only use each effect of “F.A. Test Run” once per turn.
日本語訳
速攻魔法
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
(1):自分フィールドの「F.A.」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの表示形式を変更する。
その後、フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
(2):自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外し、
自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊し、デッキから「F.A.」モンスター1体を特殊召喚する。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 TCGExtreme Forceで登場した速攻魔法
 F.A.モンスター表示形式を変更しフィールドのカード1枚を破壊する効果、自身の墓地除外コスト自分フィールドのカード1枚を破壊してF.A.モンスターリクルートする効果を持つ。

 1つ目の効果表示形式変更と除去が合わさった効果
 速攻魔法であるため応用性に富み、破壊対象を取らない上に、破壊するカードの種類や表裏も問わないので使い勝手が良い。
 しかし、フィールドF.A.モンスターが必須であるため、《神の警告》などの召喚特殊召喚自体を潰してくるカードには少々分が悪い。
 また、F.A.モンスター表示形式変更には特にシナジーはなく、共通効果攻撃力にしか作用せず守備表示にするのは弱体化に等しいため、基本的にはデメリットと言える。
 なお、《F.A.ホームトランスポーター》守備力が高くレベル11以上なら破壊耐性を得られるので、他のF.A.モンスターよりも表示形式変更の影響が少ない。

 2つ目の効果自分フィールドのカード1枚を破壊してF.A.リクルートを行う効果
 破壊するカードF.A.フィールド魔法にすれば、あちらのサーチ効果によりアドバンテージを得られる。
 リクルートするモンスターとしてはレベルの高い《F.A. Turbo Charger》が狙い目となるか。

関連カード

イラスト関連

収録パック等


広告