《-/Gullveig of the Nordic Ascendant》

Link/Effect
LINK1/LIGHT/Fairy/ATK 800
【Link Arrows:左下】
1 Level 5 or lower "Nordic" monster
If this card is Link Summoned: You can banish up to 3 cards from your hand and/or field, and if you do,
Special Summon that many "Nordic" monsters from your Deck in Defense Position,
also for the rest of this turn, you cannot Special Summon monsters,
except "Aesir" monsters, nor Normal Summon/Set any monsters.
You can only use this effect of "Gullveig of the Nordic Ascendant" once per turn.
While this card points to an "Aesir" monster,
your opponent cannot target that monster with card effects,
also monsters your opponent controls cannot target this card for attacks.
日本語訳
リンク・効果モンスター
リンク1/光属性/天使族/攻 800
【リンクマーカー:左下】
レベル5以下の「極星」モンスター1体
このカード名の(1)の効果は1ターンに1度しか使用できない。 
(1):このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
自分の手札・フィールドのカードを3枚まで選んで除外し、
除外した数だけデッキから「極星」モンスターを守備表示で特殊召喚する。
この効果の発動後、ターン終了時まで自分は通常召喚できず、「極神」モンスターしか特殊召喚できない。
(2):このカードのリンク先に「極神」モンスターが存在する限り、
相手はこのカードのリンク先の「極神」モンスターを効果の対象にできず、
このカードを攻撃対象にできない。

 TCGLegendary Hero Decksで登場した光属性天使族リンクモンスター
 リンク召喚に成功した時に手札フィールドカードを3枚まで除外極星リクルートする効果リンク先極神が存在する場合に極神効果の、自身が攻撃対象にならなくなる効果を持つ。

 極星モンスター召喚すれば即座にリンク召喚が可能。
 レベル5以下という制限があるが、現状この制限に引っかかるのは特殊召喚モンスター《極星邪龍ヨルムンガンド》《極星邪狼フェンリル》および同名カードのみとなる。
 基本的に、同名カードリンク素材にできないと考えておけばそれほど気にすることはない。

 (1)は極星モンスターを3体まで展開できる効果
 チューナーを含めてレベル合計が10になるように展開すれば、即座に極神シンクロ召喚が可能となる。
 手札除外する極星としては《極星天ヴァルキュリア》が存在するが、こちらは条件が緩く、除外するカードの種類も問わない。
 また、展開されるものが全て極星となるため、《極星天ヴァナディース》レベルを調整しつつシンクロ召喚が可能。

 ただ、最大で3枚のカード除外する必要がある。
 種類は問われてないため、《サンダー・ドラゴン》の様な枚数を稼げるカードを利用し消費を軽くしておきたい。
 トークンを複数展開し、除外するのも手。
 《極星獣タングリスニ》自爆特攻し、極星獣トークンを展開しておけばリンク素材除外するカードを両方用意できる。
 《レスキューキャット》から《極星獣タングリスニ》2体を展開して2体とも自爆特攻すればリンク素材除外するカード3枚が揃う。
 その他、実質的な専用サポートとして《Alviss of the Nordic Alfar》も存在するが、これを使用する場合はあちらを参照。

 デメリットとして、このターン極神しか特殊召喚できなくなる。
 発動前に極神以外のモンスターを出すことはできるが、極星獣等の特殊召喚《極星霊ドヴェルグ》召喚も制限されることになる。
 それらとの併用や、他のリンクモンスターなども駆使する場合、展開の最後に使う様にしたい。

 (2)は極神リンク先に存在する場合の耐性獲得と耐性付与。
 (1)の効果シンクロ素材を展開しておけば、そこからシンクロ召喚し自然と条件は満たせる。
 極神破壊以外の除去を防ぎつつ、自身の低い攻撃力も補える。
 極神自己再生能力を有するが、穴も多くコストによる制限もあるため、耐性はあって困るものではない。
 なお、自己再生にはタイムラグがあるためその間にこのカードが狙われる可能性は気を付ける必要がある。

 難点としてはリンク1なので、リンク先が一カ所しかない点だろう。
 このカードエクストラモンスターゾーンリンク召喚しても、極神は1体しか並べられない。
 (1)の効果を使用したターンであればその制約からあまり気にならないが、次のターン以降の動きを制限する。
 その場合はこのカードを素材にモンスターリンク2のリンク召喚をし、リンク先を増やすといい。

 このカード自身を(1)の効果除外することも可能。
 その場合、(2)の効果は活かせないが、消費は抑えられる。

  • グルヴェイグ(Gullveig)とは、北欧神話に登場する、おそらくはヴァン神族の女神の名前。
    ハールというオーディンの館の広間でアース神族たちに槍で体を貫かれ3回焼かれたがそのたびに蘇り、神々はこれを何度繰り返してもグルヴェイグを殺すことができなかった。
    また、グルヴェイグはヘイズという名を名乗って家々を回って魔法で女性たちに性的な喜びをもたらしたと言う。
    このグルヴェイグの正体はフレイヤであるとするのが一般的な見方となっている。

関連カード

収録パック等


広告