《-/Junk Speeder》

Synchro/Effect
LV5/WIND/Warrior/ATK1800/DEF1000
1 "Synchron" Tuner + 1+ non-Tuner monsters
If this card is Synchro Summoned:
You can Special Summon as many "Synchron" Tuners
as possible with different Levels from your Deck in Defense Position.
You cannot Special Summon monsters from the Extra Deck,
except Synchro Monsters, the turn you activate this effect.
When an attack is declared involving this card that was Synchro Summoned this turn and another monster:
You can make this card's ATK become double its original ATK until the end of this turn.
You can only use each effect of "Junk Speeder" once per turn.
日本語訳
シンクロ・効果モンスター
星5/風属性/戦士族/攻1800/守1000
「シンクロン」チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上 
このカード名の(1)(2)の効果はそれぞれ1ターンに1度しか発動できない。
(1):このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。
デッキからレベルの異なる「シンクロン」チューナーを可能な限り守備表示で特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はSモンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。
(2):このターンにS召喚したこのカードがモンスターと戦闘を行う攻撃宣言時に発動できる。
このカードの攻撃力はターン終了時まで元々の攻撃力の倍になる。

 TCG2018 Mega-Tinsで登場した風属性戦士族シンクロモンスター
 シンクロ召喚に成功した場合にレベルの異なるシンクロンチューナーリクルートする効果モンスター戦闘を行う時に元々の攻撃力の倍になる効果を持つ。

 チューナー側にシンクロンを指定しており、(1)の効果も合わせるとシンクロンを多用するデッキの採用が主になる。
 《ジャンク・シンクロン》は1枚でこのカードシンクロ召喚でき、他にも自己特殊召喚可能な《ジェット・シンクロン》《アンノウン・シンクロン》も使いやすい。

 (1)の効果シンクロンチューナーリクルート
 最大で5体まで呼び出せるが効果によりシンクロモンスター以外のエクストラデッキからの展開が封じられる。
 連続シンクロ召喚を狙う場合は前のターンリンク召喚しておくか、リンクモンスター蘇生帰還するといった動きが必要となる。
 守備表示特殊召喚されるためそのままでは攻撃できないが、表示形式を変更するカード《真魔獣 ガーゼット》を使うことで相手ライフを削りにいくことも可能。

 シンクロ召喚したこのカードリクルートしたチューナーシンクロ召喚を行うのも手。
 レベル1と3のチューナーリクルートし、《水晶機巧−グリオンガンド》シンクロ召喚すれば相手カード3枚の除外が可能。
 このカードレベルチューナーレベルレッド・デーモンシンクロ召喚し、さらにレベルチューナーを合わせて《えん魔竜 レッド・デーモン・ベリアル》に繋げられる。
 ここから残ったチューナーの1体をリリースすれば先ほどのレベルレッド・デーモン蘇生も可能。
 《レッド・デーモンズ・ドラゴン・スカーライト》ならば、全体除去に残ったチューナーを巻き込む事でバーンダメージを稼ぐ事にも繋がる。
 合計レベル5となるチューナー2体とで《レッド・デーモンズ・ドラゴン・タイラント》シンクロ召喚すれば、高確率で全体除去+3500のダイレクトアタックを通せる。

 (2)はシンクロ召喚したターン攻撃力を倍にする効果
 攻撃力は3600となるため多くのモンスター戦闘破壊できるようになる。
 (1)の効果《ドリル・シンクロン》特殊召喚することで貫通効果も付与できる。
 《チェンジ・シンクロン》シンクロ素材にこのカードシンクロ召喚すれば、効果を使って守備表示モンスターを用意することが可能。
 ただし、強化攻撃宣言時のためコンバットトリックに弱い点は注意。
 また、1ターン限りでもあるのでメインフェイズ2にリクルートしたモンスターシンクロ素材にしてしまいたい。

 《ジャンク・ウォリアー》とはシンクロンチューナーを素材とする点や、攻撃力強化する点が類似する。
 あちらはチューナーが指定されていることや高い攻撃力を得るには専用構築が必要になるため、エクストラデッキの圧迫を気にするならばシンクロ素材が緩く展開効果を持つこちらが優先される。
 ウォリアーサポートカードを意識する場合はあちらを優先する意義もあるため、デッキ内容とよく相談しておきたい。

関連カード

リクルート可能なレベル別のシンクロンチューナー

収録パック等


広告