《-/Sanctity of Dragon》

Link/Effect(使用不可カード)
LINK5/LIGHT/Dragon/ATK3000
【Link Arrows:左/右/左下/下/右下】
3+ Dragon Effect Monsters
Must be Link Summoned.
If this Extra Linked card attacks your opponent directly and reduces
their LP to 0, you win the Match.
日本語訳
リンク・効果モンスター
リンク5/光属性/ドラゴン族/攻3000
【リンクマーカー:左/右/左下/下/右下】
ドラゴン族の効果モンスター3体以上
このカードはリンク召喚でしか特殊召喚できない。
エクストラリンク状態のこのカードが直接攻撃で相手のLPを0にした場合、
このカードのコントローラーはマッチに勝利する。

 World Championship Series 2017 優勝賞品で登場した光属性ドラゴン族リンクモンスター
 公式のデュエルでは使用できず、《ヴィクトリー・ドラゴン》に似たマッチキル効果を持つ。

 マッチキル能力を使うにはエクストラリンクの成立が必要であり、つまり多数のリンクモンスターが必要となるためこれまでのマッチキルモンスターに比べてもその条件成立はあまりにも厳しい。
 出す場合は《ツイン・トライアングル・ドラゴン》などの効果を駆使したい。
 蘇生などを活用しリンクモンスターリンク素材を調達しなければならないが、非常に消費も大きくなってしまう。

  • 「Sanctity」は英語で「神聖」を意味する。
    2017年の世界大会は日本で開催されたが、本来はイギリス・ロンドンで開催される予定だったことを考えると、イメージソースはロンドンの守護獣としてのドラゴンだろうか。
    「ロンドン・シティの紋章にはドラゴンが描かれている」「シティの境界にドラゴンの像が立っている」など、ドラゴンとロンドンには強い結び付きがある。
    • あるいは、「ウェールズの旗に描かれた竜(赤い竜)」の可能性もある。
      ウェールズは石炭などの産出地であり、産業革命とは縁の深い地でもあった。

関連カード

収録パック等


広告