《Token》(Zane Truesdale)

This card can be used as any Token.
日本語訳
このカードはトークンとして使用することができる。

 Yu-Gi-Oh! Dayの賞品カードとして配布されたトークンカード
 イラストにはZane Truesdale、すなわち丸藤亮(ヘルカイザー亮)が描かれている。

  • 原作・アニメにおいて―
    丸藤亮は遊戯王デュエルモンスターズGXにおける、遊城十代のライバルの1人。
    アカデミアでは十代ら主要キャラクターの二年先輩にあたり、十代のクラスメイトである丸藤翔の兄。
    校内無敗を誇る実力者でありながら、3年時には主席(試験は全て満点)を務めるなど文武両道を貫いている。
    対戦相手に敬意を払う「リスペクトデュエル」の実践者でもあり、その実力と高潔な精神から「カイザー」の異名を取る。
    しかし、デュエル・アカデミア卒業後はプロデュエリストの道へ進むも、エド・フェニックスに無残な敗北を喫したことを契機としてスランプに陥る。
    落ちぶれた亮は、裏の世界で行われる「地下デュエル」の中で、リスペクトデュエルと決別し貪欲に勝利を目指す「ヘルカイザー」へと変貌した。
    使用するデッキは「サイバー流」の教えを受け継ぐ【サイバー・ドラゴン】で、エースモンスター《サイバー・エンド・ドラゴン》
    ヘルカイザーと化した後は、サイバー流道場から奪った「裏サイバー流」ことサイバー・ダークを併用している。
  • ヘルカイザーとなったものの悪役に転じたわけではなく、態度こそ厳しくデュエルでも無慈悲ながら、他の人物への助言や手助けもしている。
    再びダークネスに取り込まれかけた天上院吹雪や、トラウマに陥った十代とのデュエルでは、彼の心が闇に堕ちていないことがわかる。
    4期ではサイバー流デッキから解放されたこともあって、ほぼ1期のような態度に戻っている。
  • 度重なる地下デュエルで激しい衝撃を受けたことから、心臓に病を患う事になる。
    さらにしばらくして、彼の心臓病の原因が実はサイバー流デッキを扱う時に必要な精神力の影響であることも判明した。
    その後は翔にデッキを託し、自身は新しいプロリーグの発足を目指すようになる。
  • 天上院吹雪や藤原優介は亮の親友だが、二人ともダークネスに関連した事件によって行方不明となっていた。
    このため、吹雪の妹である明日香とも親交があり、第1期では二人が放課後にアカデミア港の灯台で相談するシーンがよく見られた。

関連カード

収録パック等

  • Yu-Gi-Oh! Day Promotional Card TKN4-EN016 Super
広告